プロフィール

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
他山の石(2)
17011801.jpg
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15947559

以下は、ドラマ「あんどーなつ」第4話の冒頭に登場するシーンだ。まるで、仁王様を思わせる形相で浅草の街を闊歩するは、鰻屋「うな勝」の主人・駒田勝(六平直政)である。途中、鞄店の若い従業員が掃除をさぼり、携帯電話に夢中になっているのに目がとまる…。

17011811.jpg

17011812.jpg

駒田勝 しっかり掃除しねぇかぁ! 

17011814.jpg

駒田 玄関は店の大事な顔だ。

店員 あっ…、はぃ…。

17011813.jpg


このシーンを見て、亀さんも破武(はぶ)に怒鳴りたくなった。

詐欺をやめねぇかぁ! 放知技に来る人たちは大事な仲間だ。


破武は掲示板「放知技」に集う人たちに対して詐欺を働いたため、現在は村八分に遭っている。この村八分の怖さは、拙稿「青州で思ふ(2)」にも書いた通りだ。

飯山邸の前で近所の農家のおっさんたちが並べる野菜は、どれも新鮮で安心して食すことができるものばかりだ。農薬まみれの野菜を売ろうものなら、村八分にされるのは火を見るより明らかだ。


人を大切にする浅草…。

17011806.jpg
靴屋の主人に頭を下げながら、饅頭を渡す奈津

17011807.jpg
冷たいコーヒーでもと、誘われる奈津

17011809.jpg
帰り道、家具屋のオカミさんに呼び止められる奈津

17011810.jpg
冷たいモノてもと、主人


掲示板「放知技」には、明らかに工作員と思われる連中や、「」に脳ミソをやられたと思われる、頭のオカシナ輩が時々登場するものの、大半の人たちは乳酸菌やあらびき茶で自己防衛に努めている、善良な老若男女ばかりである。また、意見交換も活発だ。こうした良好な人間関係が、現実の世界で色濃く残っているのが「あんどーなつ」の舞台である浅草だ。かつて、その浅草にある老舗の泥鰌屋で、亀さんは毎年暮れの忘年会に参加していたものである。

実は、その泥鰌屋が「あんどーなつ」に登場しているんだが、そのあたりは以下の拙稿に書いた。泥鰌屋が登場するのは同じく「あんどーなつ」第4話なんだが、同時に亀さんは「職人のすすめ」についても書いているので、若い人たちを中心に目を通してもらえたら幸いだ。
泥鰌屋

また、この店には「男はつらいよ」の寅さんも登場したことがある。そのあたりも以下の拙稿に書いた。
どぜう

あんどーなつ 第4話

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1318-b8b9c9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)