プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
国際契約セミナーのご案内
長年お付き合いをさせていただいている、石上進社長のIBD(国際事業開発株式会社)から、セミナーの案内が届いた。セミナーが開催されるのは再来月の3月21日(火)である。関心のある読者は以下のページで確認の上、申し込んでみるといいだろう。亀さんも出席する予定だ。
2017年第3月21日 IBD国際ビジネス・セミナー

ここで、国際交渉者として自他共に認められるには、三つの条件が前提にあると亀さんは思う。

1.語学:英文(または中文)契約書を正確に読みこなせ、相手に応じた契約書を的確に作成できる語学力を身につけていること。
2.知識:国際契約の体系的な知識を習得していること。
3.経験:国際交渉の場数を数多く踏んでいること。


亀さんは国際契約の翻訳を専門とする、翻訳者の仲間を数名知っているが、彼ら彼女らの英訳した契約書は無論のこと、大学の教授や語学スクールの先生の英訳した契約書すら、石上社長の手にかかると真っ赤に訂正されて返ってくる。換言すれば、大学で教える国際契約理論や、語学学校で教える契約英語は、実のところ世界に通用しないものが多いのだ。なぜなら、彼らは国際交渉の体験がゼロに近いか皆無だからである。

なお、石上社長とは20年近いお付き合いだが、その石上社長から教えていただいたことをメルマガに書いたことがあり、旧ブログに残しているので関心があれば一読していただければと思う。
「異文化ビジネスのすすめ」第2号

亀さんの下の息子やその同窓生は、将来はアジア市場を拠点に、ビジネスを展開したいとのことなので、彼らも都合が付けばセミナーに連れて行くつもりだ。亀さんの場合、主に技術系統の翻訳が中心なので、契約英語はそれほど必要としないのだが、それでも製造マニュアルで知的所有権に関するページがあったり、会社案内に売買契約に関するページがあったりと、年に数回は契約英語を翻訳することがある。だから、最新の国際契約事情を知りたいというのが、セミナーに参加する一つの理由だが、本音は石上社長に久しぶりにお会いしたいというところにある。なお、一般のセミナー参加費は9000円だが、亀さんの場合は招待なので無料。

最後に、昨秋初めて中国を訪問するにあたって、小室直樹の『中国言論』(徳間書店)に目を通しているが、中国人の契約に対する見方・考え方が、実に独特であることを知ったので、このあたりを石上社長と語り合ってみたいと思っている。もしかしたら、「中国人と契約」というテーマの記事を書くかもしれない。

16100103.jpg
小室直樹の中国原論
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1316-461c24af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)