プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
愛を乞うひと
以前、拙稿「子育ての責任は、実は親にはない」で、以下のようなことを亀さんは書いた。

世界戦略情報誌『みち』の発行人・藤原源太郎さんは、亀さんの二人の息子と幾度か接しており、二人の素直さを高く評価してくださっている。その源太郎さんに数年前、「どうやって素直な子に育ったのか?」と訊かれたたことがあった。「はてな…」と、自分でも直ぐには答えが見つからず、苦し紛れに答えたのが「放任主義が効いたのだと思います」だった。しかし、NHKの「ママたちが非常事態!? 2」を見て、基本的な人格が形成される幼少期に、亀さんの母、つまり二人の祖母が果たした役割が実に大きかったのだと、痛切させられたのである。


亀さんのようなダメ親父が言うのもなんだが、成人式を過ぎた二人の息子たちが素直に育ったのも、二人が幼少期に子守をしてくれた祖母に負うところが大きかったと、今さらながらにして思うのである。そんな一方で、親から虐待(ネグレクト)を受けたという青年についての記事が、今朝の東京新聞に載った。

17010802.jpg
17010803.jpg

読者も一読して、日本社会のどこかが狂っていると感じたことだろう。

偶然かもしれないが、同日の東京新聞の「週間テレビガイド」に、「愛を乞うひと」というドラマを取り上げていた。このドラマも、虐待が主テーマのようだ。取り敢えず録画しておき、思うところがあったら記事にしたいと思う。

17010801.jpg

【追記】
「私の十本」という吉永小百合の自伝が、東京新聞で始まった。吉永は良家のお嬢さんとして育ち、何不自由ない生活を送っていたものとばかり思っていたが、今朝の記事を読むに、米びつが空っぽになったという生活も体験していることを初めて知った。拙稿「松坂慶子を女優にした「事件」 その2」にも書いたことだが、貧乏な子ども時代を過ごしていたのは、何も松坂慶子や大竹しのぶだけではなかったようだ。

17010804.jpg
17010805.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント
幼き日の孫正義
おはようございます。
ご無沙汰しております。

佐野眞一氏の「あんぽん」を
お読み頂けると
孫正義氏が幼少の頃
祖母と豚と蒸留酒の中で
育った事が記されております。

乳酸菌の中で生きてきた家族
なのだなという感想をもちました。

不衛生だと隔離された
部落の中において
世界で活躍される
なんともいえない強さが
身に付いたのではと
感嘆するばかりです。
[2017/01/08 11:43] URL | 一帯一路 #- [ 編集 ]

一帯一路さん、お久!
一帯一路さん、元気そうだね。青州ではどうもどうも。

佐野眞一が孫正義についての本を書いたことは知っていたけど、未だその『あんぽん』は読んだことがなく、かつ佐野眞一の筆によるものなので、いずれは読んでみたいと思います。

それから、YouTubeでも孫正義の若い頃を窺い知ることができます。所々E-こと言っています。
https://youtu.be/hv_mhrWeMTA

話は変わって、一度だけでもE-ので、一帯一路さんの料理を食べてみたいなぁ…。それも、青州で再見!

亀さん@人生はメイドカフェまでの暇潰し
[2017/01/08 13:42] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1308-3edeb89e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)