プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
◆舎人家紋講座04
「◆舎人家紋講座04」は、“●家紋講座その遺伝性機能③”と題する4番目の小節である。最後の行「人の遺伝子が植物の遺伝子と自然的結合法により、植物紋が本筋という段から入門の扉を(とびら)開きたい」にあるように、次回以降から本格的に家紋の基本である植物紋の話に入る。


●家紋講座その遺伝性機能③
 生体内アパタイト(燐灰石(りんかいせき))の産出もミトコンドリアの操作であり、その経路は酸化的リン酸化の結果として、まずヒドロキシアパタイト(骨材)の排出が起こり、内呼吸から硫黄(いおう)を多く含む軟骨(代謝の産物)が排出され、更なる内呼吸の飛躍により、ミネラルの三リン酸カルシウム(TCP)すなわち骨や歯の主成分が加わり、生体内の結晶化でアパタイトに至る順を踏まえている。このとき、光が内呼吸に重要な役割を果たす証拠として呼吸タンパク酵素があり、これには総て特定波長の吸光性(αやβやソーレー帯)を示す観測もあり、蛋白(チトクロム)が励起して、様々な機能活性化が確認されている。チトクロムは生物の呼吸に重大な役割を果たすヘム蛋白質(錯塩(さくえん)の総称)であり、電子伝達や水素伝達を行う総称として周知されており、広く生物の領域に分布され、シトクロムとも呼ばれている。要はヘモグロビンなどの色素部分であり、酸素の結合また離脱など、これ電磁波の授受を担う意をもつヘムを附し、酵素作用の活性化を説く証となる。
 生体内の好気性に広く分布するチトクロム・シーは、電磁波の伝達を担う蛋白質一種でミトコンドリアの内膜(ないまく)などに存在しており、酸化によるリン酸化反応を司り、脊椎(せきつい)動物の血液中に含まれる赤色の呼吸色素がヘモグロビンであり、赤血球中に存在して酸素や炭酸ガスの運搬を担う鉄を含む色素ヘムと、蛋白質グロビンの合成物である。動物の体温発生源はミトコンドリアにあり、その電磁波伝達系に依存しており、人は精神的な神経障害や痛み症状ほか、低体温や内分泌変調、肉体的な創傷や(そうしょう)感染症や造血(ぞうけつ)障害、さらに免疫病を含む総てにおいて、太陽光線の内呼吸蛋白質励起(れいき)は有効なのである。
 ミトコンドリアが機能障害を起こすと、体温低下と密接に関係して浮腫(ふしゅ)を生じる。この浮腫(むくみ)は身体部分の水分の異常増大が原因であり、鬱血性(うっけつせい)心不全、急性腎不全(じんふぜん)、ネフローゼ症候群などに見受けられる疾病(しっぺい)である。ネフローゼは、腎臓の糸球体(しきゅうたい)ろ過膜の異常による病であり、尿中に多量の蛋白質排出が見られ、全身とくに顔面に浮腫(むくみ)が表われ、尿の量が減り、血液中のコレステロールが増える症状を指している。電磁波、超音波、放射能、温熱、寒冷などに対して、実に敏感な反応体ミトコンドリアは、高等動物の恒温性(こうおんせい)で種別に応じて体温一定を保持するが、低温状態では機能障害を原因に浮腫を生じる。その程度は体温一℃低下により、エネルギー代謝の機能障害が著し(いちじる)くなり、逆に高熱では活性酸素が発生して、機能の低下は停止にまで及ぶことになる。
 腎の働きは、筋肉や骨格の系から、血液が運ぶ新陳代謝の産物や不要ミネラルをろ過し排出することにあり、副腎(ふくじん)は髄質(ずいしつ)と皮膚(ひふ)で構成され、腎とは異なる機能を有する。髄質は交感神経の作用をもつアドレナリンやノルアドレナリンを、血中に分泌し、外呼吸と心臓脈の管系(かんけい)ほか、糖と脂質の代謝を亢進(こうしん)する働きをする。副腎髄質ホルモンのことを一般にアドレナリンというが、神経刺激の伝達物質で強心作用があり、グリコーゲンをブドウ糖に換えて、インスリンと拮抗(きっこう)し、血液中の糖分を調節これ日本薬局方(ほう)エビネフリンの名で知られている。もう一方のノルアドレナリンは、交感神経末梢の(まっしょう)伝達物質である。因みにグリコーゲンは肝臓で作られ貯蔵され、生体エネルギー源一種となる多糖類のこと必要のとき、分解と消費を行い多くは筋肉に分布する。またインスリンは、膵臓(すいぞう)ランゲルハンス島(とう)から分泌されるホルモンのことで、ブドウ糖を取り込むため、活発にグリコーゲン生成促進を行い血糖を低下させる。

 副腎は皮膚三層の構造があり、外皮(がいひ)は糖質コルチロイド、中皮(ちゅうひ)は鉱質(ミネラル)コルチロイド、内皮(ないひ)は性ホルモン(アンドロジェン)、を内分泌するホルモンの生成工場たる機能を担っている。糖質コルチロイドは、糖質に限らず、炭水化物と蛋白質と脂肪の三大栄養素の中間代謝制御を行い、鉱質コルチロイドが行う制御に必要な、内分泌を作り出す仕事をしている。鉱質コルチロイドは、ミトコンドリアの代謝で汗と尿の元(もと)を作り、ナトリウム、水素、塩素、カリウムなど腎臓に作用を及ぼす、呼吸と排出の制御機能を有して神経と共に、生体内の情報伝達を担っている。性ホルモンは、余剰栄養素たる脂質と生殖細胞の制御装置のほか、器官の分化誘導(ゆうどう)を司り、生殖ホルモンよりも強い働きあることが知られている。以上で人の遺伝子に関する段を区切るが、動物細胞と植物細胞の遺伝子は密接な関係を有しており、まず家紋講座においては、人の遺伝子が植物の遺伝子と自然的結合法により、植物紋が本筋という段から入門の扉を(とびら)開きたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/130-1888b35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)