プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
初恋はカルピスの味(2)
クリスマスイブ前後まで終わりそうにない仕事(翻訳)を抱え、四苦八苦している亀さんなんだが、こんな時こそ息抜きをと思い、今までに見た映画で気に入ったシーンだけ、先ほど立て続けに見てみた。その中で、特にジーンときたのが「ジュリエットからの手紙」という映画だった。この映画を未だ見たことのないという読者は、どのような映画かについてはネットで確認してもらうとして、、同映画はTVドラマ「スミカスミレ」同様、アラカン(還暦)に達した人間でないと、多分、以下のシーンの重みがピンと来ないはずだ…。

16121201.jpg

16121202.jpg

16121203.jpg

16121204.jpg

16121205.jpg

16121206.jpg

16121207.jpg

16121208.jpg

16121209.jpg


50年前という台詞で咄嗟に思い出したのが、亀さんの初恋の人だ。50年前と言えば亀さんは13歳、中学二年生の時であり、初恋を体験した年でR。亀さんの初恋の人を知っているのは地元の悪友だけなんだが、このあたりは拙稿「初恋はカルピスの味」にも書いた。また、青州で飯山一郎さんをはじめとする一部の人たちに、亀さんの初恋の人の写真を見せている。それは「青州で思ふ(8)」にも書いた、青州花卉博覧会を見学した後の昼食会の時である。拙稿「初恋はカルピスの味」で、「亀さんの初恋の人と桐谷美玲は、実によく似ている」と書いたが、実際に写真を見た人たちは、亀さんの初恋のAさんの方が、桐谷美玲よりも遙かに可愛いと思ったことだろう。

ところで、最近は大勢の読者からメールやブログへのコメントをいただく。有り難いんだが、あまりにも大勢なので、実際に会った時に、「亀さんから返信いただきました」と言われても、直ぐにはピンと来ないことが多い。例えば、青州でお会いした「パン食うべー」さん、亀さんと同じ関東はチベットの出身ということで、小生とメールのやり取りをしたとのことだが、そのあたりのことは全く覚えてないんだが…(爆)。

それはともかく、印象としては女性の方が鋭いコメントを寄こしてくることが多い。たとえば、亀さんにとって中国語の厳しい先生である、在香港の女性(ひと)は毎回鋭いコメントを寄こしてくるし、「スミカスミレ」をもっと書けと言ってくる蓮ねさんも、毎回素晴らしいコメントを寄こしてくれる。それから、神戸のおばちゃんは亀さんと同期だが、やはり「テンパ」を亀さん同様、天然パーマの意味と思っていたようだ(爆)。また、横浜のおばちゃんや◎◎(都市名)のおばちゃんなどからも、時折コメントをもらっているが、どれもこれも励みになるので有り難い。

さて、今日もそろそろ仕事をお仕舞いにするか…。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1291-8d5c09a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)