プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
日本の運命
今日は12月10日、明日からは中旬というのに、断り切れない得意先からの仕事が次々に舞い込み、毎日回し車で全力疾走しているカメ、ではなくてハツカネズミのようだワイ…。どうやら、クリスマスイブあたりまで今の多忙モードが続きそうだ。

16121001.jpg
回し車で全力疾走中(?)の亀さん

12月15日の〝プーチン〟の来日まで、残り一週間を切った。多分、来日するのはプーチンの影武者のはずだが、今回の来日は日本民族の運命を左右するものとなる。換言すれば、2011年3月11日の東日本大震災以来という、民族として節目の日を迎えるのである。

それにしても、戦争屋(米国軍産複合体)にとって最後の巣窟である日本に、単身乗り込んでくるのだから〝プーチン〟は胆力のある漢である。ここで、矢部宏治氏の著した『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(集英社インターナショナル)を一読すればお分かりのように、表向きには日本は主権国家ということになっているものの、実際に日本列島という領土の主権を握っているのはアメリカ、正確には上述の戦争屋だということを思い出そう。このあたり、一番良く分かっているのが沖縄の人たちだ。

なお、日本は主権国家ではないという事実については、すでに拙稿「もし、自宅にオスプレイが墜落したら…」にも書いた。

実は、亀さん家は米軍機の航路下にあるため、住宅防音工事の助成対象となっている。そして、仮に米軍機が亀さん家あるいは近くに墜落した場合、どうなるか? そのあたりが容易に推測できる行が同書に書かれている。

米軍機の墜落事故が起きたとき、米軍はその事故現場の周囲を封鎖し、日本の警察や関係者の立ち入りを拒否する法的権利を持っている。
『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないの』p.31


つまり、仮の話として墜落時に亀さんが外出していた場合(自宅にいたら、モー助からない)、急ぎ戻って自宅に近づこうとすると、確実に米兵に銃をつきつけられ、自宅への接近を拒まれるのだ。


16121002.jpg

プーチンについては色々と書きたいところだが、本業に追われている身、ココまでとしたい。なお、プーチンの年次教書演説についての記事は、今後の日本、そして世界を占う上で必読である。この記事を読めば、最近NHKで放送された「プーチンの道 ~その権力の秘密に迫る~」というドキュメンタリー番組、あまりにも独断と偏見に満ちた番組であり、典型的なプロパガンダ番組であることが一目瞭然となるはずだ(嗤)

16121003.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1290-8b8559c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)