プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
下村大臣の教育観
『月刊日本』四月号に載った、下村博文教育再生担当大臣のインタビューは大変良かった。特に、以下の下村大臣の発言は諸手を揚げて賛成だ。

日本青少年研究所によれば、「自分をダメだと思っている高校生の割合」は、中国13%、米国22%、韓国45%であり、日本はなんと66%にも上っている。この数字は、これまでの教育のあり方が自虐史観など、自らを貶める歴史観に基づいたものだったことを示している。これでは大人になっても自信を持てないし、社会に役立つぞという気概・情熱がふつふつと沸き起こるはずがない。自己を肯定できなければ、自己を育んでくれた社会肯定することもできない。残念なことだが、教育の不備によって自分の可能性を閉ざしてしまった人たちも大勢いる。
それではいけない。生まれてきた子どもたちが「日本に生まれてよかった」と思うようにならなければ、子どもたちに対しては勿論、これまで日本を築き上げてきた先人に対しても申し訳ない。「日本に生まれてよかった」という思いがなければ、日本の再興はあり得ない。

『月刊日本』四月号p.41


ここで思い出すのは教育勅語だ。5年前、いきなり教育勅語を手渡されて、その場で音読をしてみろと言われたのだが、冷や汗をかきながら支え支えどうにか読み終えたのを覚えている。亀さんは学が無いから仕方ないと思っていたんだが、その後ナント東大、慶応、早稲田といった一流大学出の人たちですら、まともに教育勅語を読める人が殆どいなかったのには驚かされた。そこで思ったのがGHQの洗脳政策である。

GHQが戦後の日本人に自虐史観を植え付けたわけだが、亀さんが自虐史観を洗い落とすにあたって、稲村(公望)さんが音頭を取って刊行した角田(儒郎)さんの三部作、あるいは田辺(敏雄)さんの『検証 旧日本軍の悪行』が大いに役に立った。この機会に、「GHQ焚書」を精力的に蒐集しておられる澤(龍)さんを紹介しておこう。
「GHQ焚書」訪問記

13041701.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/129-c9a9457c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)