プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
川島芳子 生死の謎
16100202.jpg

先月上旬に中国の青州を訪問した折り、亀さんは野崎(晃市)博士にお会いしているが、その時に野崎博士が翻訳したという、『川島芳子 生死の謎』を見せていただいている。世間の一般常識によれば、川島芳子は中国国民党によって1945年にスパイ容疑で逮捕され、2年後に銃殺刑に処せられたということになっている。しかし、処刑されたのは替え玉となった他人で、川島芳子本人はその後も30年を生きたと野崎博士は語るのであった。そのあたりの動かぬ証拠が、川島芳子本人の遺骨鑑定結果とのことだ。

川島芳子が銃殺処刑を免れた背景には、政治的な背景があったことは凡その察しがつくのだし、川島芳子生存説の謎に迫ることによって、決して表には出ることのない、当時の裏史に迫ってみたく、帰国してから早速に同署を取り寄せた次第である。

16111006.jpg

関連して、拙稿゛駕籠を担ぐ人・造る人」で紹介した高麗神社、実は川島芳子が同神社を訪れているのだ。それは大正末期から昭和初期にかけてのことで、このあたりは『六人の総理大臣が誕生』の第二章、「高麗神社を訪れた著名人」に詳しい。4ページにわたって紹介されているので、以下に該当ページをそのまま掲載しておこう。縮小しているため判読しづらいと思うが、画像をコピーしてデスクトップなどにドロップ、それをダブルクリックすれば楽に読むことができるはずだ。

16111004.jpg

16111005.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1275-72d0584c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)