プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
隣町にクマ!
隣の青梅市にクマが出没したというニュースが、11月1日付の東京新聞夕刊に掲載されていた。記事にはクマが出没した場所が示されていなかったが、以下のTVニュースを見れば青梅街道沿いであることが分かる。青梅街道と言えば、奥多摩や日原鍾乳洞に行く時は必ず通る国道だし、若い頃の亀さんはツーリングで幾度も往復したものである。



亀さん家は一応住宅街にあるんだが、山が目の前に迫っているため、クマが出没したという広報がよく届く。だから、朝の散策は市街をなるべく歩くようにし、クマと鉢合わせの恐れがある山には近づかないようにしている。また、本来は冬眠前の秋だけ注意すれば良いはずなのだが、来春(4~6月)も気をつけなければならないと↓記事↓に書いてあった…。 んにしても、このような記事を書かれると、東京の友人知人らは怖くなって、関東のチベットにある亀さん家から足が遠のくんではと心配だ(笑)。

ところで、昨日の飯山一郎さんの記事を読み、以下の記述に注目した。

草木や樹々の葉の表面には光合成細菌がビッシリと棲息している

光合成細菌は,紫外線や放射線の強烈なエネルギーを植物が利用しやすいマイルドなエネルギーに転換する.

紫外線や放射線のエネルギー量が多いほど,植物は成長する.

日本全国の山々や森に大量に降り注いだフクイチの放射性物質が発射しまくる放射線.

これが↑日本全国の山々や森の樹木を異常に繁茂させたのだ!


日本は「島国」で,森だらけの「山国」だ.


なるほど、11月に入っても未だに日本の森林が青々としているのは、による放射能と木々の葉に生息している光合成細菌によるものなのか…。と言うことは、森の中では放射能が大分緩和されているということだ。つまり、亀さん家は山に近いということで、そのメリットはもの凄く大きいのだなと、改めて納得した次第である。

光合成細菌と言えば、それに関する本を拙稿「蘇生」でも紹介したことがある。学術的な本で読みにくいのだが、関心のある読者は一読されるとE-だろう。

15050902.jpg

乳酸菌や光合成細菌と同様、人間の役に立っている細菌として他に麹菌がいる。TVドラマ「あんどーなつ」第5話は、麹菌が主テーマであり、とても心温まるドラマというだけではなく、どうして日本人は麹菌や乳酸菌に愛情を注げるのか、そのあたりが良ぉ~く分かるドラマなので、一度は見ておいて損のないTVドラマだと亀さんは思っている(つーか、太鼓判を押す)。




16110301.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント
久しぶりにコメントします
東北のド田舎に住む私の周りでも、熊がウロウロしています。襲われた人もいますが、戦争屋や日本を切り売りしている利権屋に殺戮されるよりなら、私は熊に食べられる方を選びたいですね(笑)。
[2016/11/06 16:55] URL | 家畜人No.1984 #- [ 編集 ]

久しぶりにコメントしますpart2
確かに樹木の光合成細菌による「ホ」の緩和は、ド田舎に住んでいる私にとっては直感的に理解しやすいですね。何となく自然に守られているのではないかと思っていました。と言うのは、首都圏では病人死人が激増しているにも関わらず、地方ではそこまで事態が悪化しているようには見えないからです(程度の違いですが)。本来であればとっくに皆死んでいてもおかしくないのに、今だ生きていられるのは地球や日本の自然のおかげなんですね(涙)。だからといって、このまま日本人がノホホンとしていると、何度でも同じ過ちを繰り返すと思いますが…。
[2016/11/06 17:28] URL | 家畜人No.1984 #- [ 編集 ]

人は生きたいように生きるべし、かと…
家畜人さん、投稿ありがとう。

> 確かに樹木の光合成細菌による「ホ」の緩和は、ド田舎に住んでいる私にとっては直感的に理解しやすいですね。

緑の多い所の住民である家畜人の発言だけに、重みがあります。来年の5月下旬に小生の地元で行われるツーデーマーチ、読者に参加を呼びかけましたが、半年先の日本はどうなっているのか…、円が紙切れ化しているのか、あるいはその寸前か、核戦争が勃発するか、と心配は尽きませんが、最悪の事態を常に想定して生きていきませう。

クマと言っても、北海道のヒグマと比べれば本州のツキノワグマなんか可愛いものです。東北では春先に数人が犠牲になりましたが、50~60大は未だ未だクマと十分に戦えると思います(笑)。

またの投稿を楽しみにしております。
[2016/11/07 05:58] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1267-242e1e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)