プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
青州で思ふ(8)
■2016年10月4日
青州滞在二日目は、二台の車に分乗して飯山邸を出発、青州花卉博覧会の会場に向かった。会場は大勢の来場者でごった返しており、ある通路の左側には見事な花が所狭しと並んでいたかと思うと、同じ通路の右側はゴミの山そして山という具合に、前稿「青州で思ふ(7)」にも書いた通り、「大らかというか大雑把というか」という印象を改めて強くした次第である。また、中国は何事もスケールが大きい。たとえば盆栽。日本で盆栽と言えば片手で持てるものを指すのが普通で、少し大きめでも両手で持ち上げられるものがほとんどだ。ところが中国の〝盆栽〟の場合、日本人がイメージしている盆栽のサイズを遙かに超えている。たとえば、会場の隅に聳え立つ数メートルはあると思われる大木、その根元を見ると、ナントそこには巨大な鉢が…。盆栽歴ン十年の母方の叔父がこれを見たら、おそらく腰を抜かすに違いない。

16101602.jpg
美しいサボテンの花に見入る、飯山さん、堺のおっさん、亀さん

会場を一通り見終わって飯山邸に戻る途中、レストランで昼の宴会を飯山さんに開催していただく。素晴らしい中華料理が次々に運ばれてくるのに感動した亀さんであった。なかでも美味しかったのは、一帯一路さんが「〝茄子〟」と呼んでいた料理であった(爆)。昼であるのにも拘わらず、美味しい地元のビールも味わうことができた。10名ほどが円テーブルを囲んだのだが、これこそが人間関係を深めていく、中国ならではの方法なのだなと、この日は身体で分かったものである。また、連日のように接待が続く中国で一日一食を貫くことは、〝絶対に不可能〟であるという恐ろしい(嬉しい?)現実も、思い知らされた一日であった。

16101604.jpg

飯山邸に戻り小休止した後、歩いて10分ほどの所にある青州市東夷文化公園へ皆で出かけた。同公園のシンボル的な存在である巨大なブロンズ像も見た。この像については以下の記事を参照のこと。
青州市東夷文化公園で日本誕生を語る

16101601.jpg

その後、ブロンズ像から徒歩で5分の所にある飯山事務所に寄り、飯山さんを中心に楽しい団らんの一時を過ごした。その時の様子を示すのが以下の写真である。半日近く居たこともあり、話題は多岐にわたった。ただ、ほとんどのテーマがブログには書けないような内容だったので、ここでは割愛させていただく。

16101603.jpg

そうこうしているうちに、パン食うべーからバンクーバーさんが…、ではなくて、バンクーバーからパン食うべーさんが、タクシーで無事に飯山事務所に到着した。その後は陽気なパン食うべーさんの口から、非常に興味深い話が機関銃のようにポンポンと飛び出し、亀さんが感心しながら横で聞いていると、「大人しいですねぇ~♪」と、ニコニコ顔で声をかけてくれるパン食うべーさんであった(爆)。

その後、同じ建物内にある食堂に移動し、パン食うべーさんの歓迎会を飯山さんに開催していただいた。帰りは夜景の美しい青州市東夷文化公園を散策、街に出たところで皆さんと別れた。飯山さんのグループは徒歩で飯山邸へ、パン食うべーさん、堺のおっさん、そして亀さんもは、秘書の趙さんの運転する車でホテルまで送っていただいた徒歩で古街を見学しながら、それぞれのホテルに戻ったのだった。それにしても、大変充実した一日であったことは間違いなし!

【追加1】パン食うべーからバンクーバーさんが…」で思い出した、「男はつらいよ」のワンシーン…。

16101605.jpg

寅 うっせーな。なんでえ、たまに帰ってくりゃ どいつもこいつも 膨れっ面ばっかりしやがって。つぶれた工場行ってな、テメエの亭主の顔見てくるよ!……おいちゃん、これはおいちゃんに買ってきた孫の手だ。ホラ。……ったく

16101606.jpg

おいちゃん ハアァ~~~ いやだやだ。

16101607.jpg

おいちゃん 俺は横になるよ。オイまくら、さくらとってくれ!いや、違うな。さくら、枕とってくれ。アアアアァ~~~………

「男はつらいよ第8作 寅次郎恋歌」


【追加2】
てくのぱぱさん、シュメールとツランの関係は、てくのぱぱさんのブログの拍手コメントに投稿したので、よろしく!
ブログの管理ページを開き、左側の「ブログ拍手」をクリック。

【追加3】
考えてみたら、我々も帰りは徒歩でホテルに戻ったんだっけ…。このような記憶違いをするなんて、つくづく歳だなあと思った次第…。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
失態から学ぶ事
中華料理円形テーブルでのルール。
まずテーブルに大皿料理が運ばれてきたら、主人(飯山先生)のもとへ。そして
主人が主賓(亀さん)へ取り分ける。
そしたら時計回りが自然な流れです。
何もわからないとわたくしみたいに
大雑把なのをいいことについつい
調子にのって目の前の美味しそうな
料理に先に箸をつけてしまいます。
それは宴会自体を壊してしまう
失礼極まりない行為です。
この場をお借りしてあらためて
謝罪させて下さい。
日本と勝手が違うとはいえ、
人として当たり前の事が
当たり前にできるように生きる
事が中国及び日本で上手くやっていく
大事な基本処世術だと反省しました。
本当に申し訳ありませんでした。
[2016/10/16 19:47] URL | 一帯一路 #- [ 編集 ]

気にせんでエーのに…
一帯一路さん、小生は全くきにしておりません(笑)。小生こそ初めての訪中だったので、うっかり日本の習慣が出てしまい、中国の人たちに変に思われたり、気まずい思いをさせたのかもしれません。

それより、破武さんとお会いする由、宜しくとお伝え下さい。多分、セブ島辺りで彼と会うかも知れません(笑)。

亀さん拝
[2016/10/17 08:17] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

セブ島
承知しました。
とても綺麗な島なんですね。驚きました。
もしかしたら縄文黒潮日本人のルーツ
もあるかもしれないんですよね。
東南アジアへは行ったことないので
とても興味をそそられます。
[2016/10/17 11:53] URL | 一帯一路 #- [ 編集 ]

セブ島
セブ島は日本から直行便もあり、かつ起業精神旺盛な日本人の若者が大勢集っているからです。

また、一年中TシャツでOKなのは有り難い。

では、そろそろ一杯、一杯、また一杯っと…


[2016/10/17 12:22] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

セブ島
初めまして 亀さん 

金曜日に大阪でお会いできると思います、私は3人以上知らない人がいるとほとんど物が

言えない人間なので自己紹介もかねて、お便りいたします。

10年ほど前にマニラ、ダバオ、セブ、イロイロと駆け足で回ったことがあります。

セブは建設ラッシュみたいな感じで車が走ると土煙の印象と、多分ラプラプの像がある

場所の近くの No problem Resturante で海鮮料理とビールをいただきました。

2~3時間のちBig problem です、そこで食べた蝶貝にあたりゲリ嘔吐、私にはある種の

貝にアレルギーがあるのですぐに原因がわかりました、幸い旅行保険買っていたので

医者に係り、彼が看護婦さんを置いてくれ、一晩中点滴をしてくれたので、病状は次の朝は

なくなりました。

セブの思いではそんなものです、文章書いたことがないので拙いですけどよろしくお願いいたします。
[2016/10/26 03:32] URL | 嘘と欲 #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/10/26 03:36] | # [ 編集 ]

セブ馬
嘘と欲さんも今週の金曜日に大阪で開催される、毛社長の歓迎会に出席される由、当日お会いするのを楽しみにしております。

小生、ネットや雑誌で確認する限り、セブ島には起業精神旺盛な日本の若者が、大勢集まっているのが分かります。そこに乳酸菌を持ち込んだら、どのような展開になるか、時々想像しています。そのあたりを語り合えたらと思います。当日は宜しくお願いいたします。

亀さん拝
[2016/10/26 04:50] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1255-132777fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)