プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
信長の正体
今朝、現代ビジネスで興味深い記事を読んだ。
信長はなぜキリスト教を保護したか?

なかでも、目を引いたのが以下の行であった。

(ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスが残した貴重な記録を)真剣に読んでいると、かれらの圧迫してくる精神に(日本の習俗をすべて廃させようとするその心根に)とても疲れてくる。ほんと、よくぞ国を鎖してキリスト教徒たちを追放してくれたものだと、個人的にではあるが、秀吉・家康ラインの政策をありがたくおもってしまう。


ここで、家康の名が出てきた。掲示板「放知技」で、飯山一郎さんが以下の発言をしているのに注目(赤色傍線は亀さん)。

16072504.jpg
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15749312/754/

以上を念頭に、信長の正体に迫ってみよう。世界戦略情報誌『みち』の編集室、ここで月に一回行われるまほろば会で、〝信長はイエズス会の信徒であった〟とする、興味深いテーマが最近飛び交っている。果たして、多神教の風土に生まれ育った信長が、本当にイエズス会の信徒であったのかどうかといった詮索はさておき、ここでは故井尻千男氏が著した『明智光秀―正統を護った武将』(海竜社)について言及したいところだが、残念ながら同書はすでに絶版である。よって、『明智光秀―正統を護った武将』が手許にない読者のため、少々古くなるが2010年7月号の『月刊日本』に載った、故井尻千男氏の記事を以下に転載しておこう(赤傍線は亀さん)。

16072510.jpg

16072505.jpg

16072506.jpg

16072507.jpg

16072508.jpg

16072509.jpg
月刊日本 2010年 07 月号14~22

信長は本当にイエズス会の信徒だったのだろうか…。亀さんはそうは思わない。むしろ、信長は今日で言うところの〝新自由主義者〟だったと思っているんだが、読者はどう判断したのだろうか…。

【追記】
16072503.jpg
同書は、皇室とイエズス会の関係を説いた良書である。

【グリコのおまけ】
16072511.jpg
コメントは不要かと…(嗤う)

大量の仕事(翻訳)を承ったため、数日更新が滞る見込み…。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/08/01 20:14] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1191-9f63ac3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)