プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
滅び逝く国・ヌッポン
昨日、NHKや民放のニュース番組を見比べていたが、どこも判で押したように都知事選の話題が中心で、肝心な明日の参院選については、ほとんど話題に上らなかったのが妙であった。そんな亀さんと同じような印象を受けたのが、「マスコミに載らない海外記事」のようだ。

この参院選が始まって以来、いやもっと前から、今回の選挙が自民党の「壊憲」草案を許すか許さないかの天王山の戦いになることは明らかでした。それでも、マスコミが参院選を盛り上げようとしてきた様子はありません。
ロシアの泣き所 - サンクト・ペテルブルクで思ったこと


ともあれ、マスコミによる安倍政権への献身的な協力により、明日の選挙で改憲案の発議に必要な、3分の2(162議席)以上を占めそうな勢いだ。自民党と公明党の他、改憲派のおおさか維新の会と日本のこころをたいせつにする党を加えて、必要な78議席以上を占めることができるかどうか、また、ムサシがどのように動くか、注目していこう。

仮に78議席以上を占めることに成功し、改憲への道が開かれた場合、以下のような展開になると思ってほぼ間違いない。最悪の場合、同記事にもあるように、ヌッポンで全面的な核戦争が勃発することも覚悟しておくべきだろう。
民主主義と平和を捨て去る改憲を目論む安倍晋三を支持するマスコミに操られる国民を待つ地獄

ここで知事選だが、昨日は条件付きだが石田純一、さらに増田寛也が出馬を決めたようだ。この場合も、ムサシの動きに注目だ。

16070805.jpg

なお、出馬を決めたという増田寛也元岩手県知事、一昨日の拙稿「小池百合子vs.自民党都連」で、〝増田元県知事は、岩手県民に不評であった〟と亀さんは書いたが、それを裏付けるかのように、日刊ゲンダイが以下の記事を書いてくれた。ここは…、益々ムサシの腕の見せ所となりそうだワイ(嗤う)。
岩手に残した借金1.4兆円 自民が担ぐ増田寛也氏の“正体”

ともあれ、昨日のNHKや民放は、当然ながらムサシについて全く言及することもなく、さらにはヌッポンはおろか世界にとって、最優先事項である福島原発事故については黙りを決め込んでいた。この福島原発事故に関連して、ヌッポン政府は中国政府の警告を完全に無視しているが、ここは中国政府の警告に耳を傾けるべきだ。
(新華国際時評)日本は「福島の疑問」を直視すべき

(新華国際時評)日本は「福島の疑問」を直視すべき
発表時間 2016-05-24 16:55:35 | 新華網 | 編集: 王珊寧

新華網北京5月24日(新華社記者/劉石磊、楊駿)日本政府が設置した放射能測定器は「一切正常」で、安倍首相は放射能の汚染水は「制御された」、「全く問題はない」と断言した。もう一方で、民衆が自発的に福島で測定した放射能値は、その「正常」値の8倍から10倍で、放射能汚染水は依然として海に放出されている。

この5年間に、福島原発事故の影響は絶えず拡大しているが、日本政府は異常なほどに「淡泊で楽観的」で、福島の小児甲状腺がんの発症率が平均水準を数十倍、上回ることについても、放射能漏れとの関連性を断固として否定している。

5年が経過したが、被害者と影響を及ぼす周辺国に対し、日本は 相応の説明を行っていない。福島の上空は尚、濃い疑問の雲に覆われている。

実際に、被害の発生から「福島の疑問」は途絶えることがなく、回答が得られないだけでなく、ますます疑問が増えている。日本が故意にか知らずにか事実を誤魔化す処置を行うことは、関連国際機関と専門家の一般的な見解となっている。

例えば、事故当初に国際原子力機関(IAEA)は関係情報が不足していた。このため、機関の総幹事が日本に赴いて政府から状況を把握してはじめて、日本からより多くの関係情報が提供された。ロシア放射能防止科学委員会のヴァレリー・ステパネンコ氏は、福島原発の被災者に被ばく線量の遡及的分析を実施しないのは何故かと日本の同業者に何度も質問したが、彼らは沈黙するか、詳しく答えないと指摘した。

今日まで、資料が乏しく、独立調査を数多く実施しておらず、福島原発事故は人類史上、2回だけの7級原発事故の一つだが、各国の専門家はその影響に対し依然として多くを知らない。苦痛と孤独に耐える甲状腺がん患者の家庭は軽視され、蚊帳の外に置かれ続けている。

仏紙『ル・モンド』は3月に掲載した社説「国の忘却の願い」で、日本政府の原発事故へのたくらみに対する見解を総括した。

 人々は災難という1ページが早く終わることを望んでいるが、重要なことは、どんな姿勢で現実に対処し、どんな出発点から善後処置を行うかということだ。

 日本政府が原発事故の影響を故意に薄れさせることは、国際的に見ると、道義と責任感に欠ける姿勢だ。国内から見ると、その目的は各種の政治的重圧から逃避し、日本のイメージへの影響を回避し、特に外部から2020年の東京五輪が安全で信頼できるのかどうかを疑問視されることが懸念している。

 国家のイメージ、食品の安全性、観光への影響、放射能対策、医療保険の負担、公害訴訟など、確かに、日本政府が懸念すべきことは多い。一方で、どれ一つを挙げても、「天機漏らすべからず」の口実になるべきではない。

 これほど重大で、影響力が深遠な原発事故を前に、影響が及ぶ国民にしても、国際社会にしても、日本が重大な点を避けて枝葉な点ばかり採り上げる理由にならない。

 米国のウッズホール海洋研究所の高級研究員、ケン・ブエッセラー氏は、次のように率直に述べた。将来的に独立した第三者調査機関などの相応の国際調査委員会、又は国際科学者が事故の影響に対する長期的な研究を実施すべきだ。ステパネンコ氏は日本で暴露された問題を見ると、国際社会が国境を越えた重大事故情報開示を監督する基準を研究し、制定する必要があると考えている。

 政治、又はその他のいかなる目的によっても、災難を無視することは災難自体よりも恐ろしい。「福島の疑問」で日本は尚、世界に答えを出していない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1173-e447151e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)