プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
今東光と東京裁判
13040302.jpg

今東光和尚のゼスイット観以外に印象に残った『南米耳袋』の行は、極東裁判に関するものである。以下の行を目にしたとき、思わず喝采した。

アングロ・サクソン族は世界を股にして至るところを侵略した。その不信が彼等を対立させているのだ。あれほどの侵略者どもが戦争裁判といういかさま芝居で、日本に侵略国と烙印を捺したのだから、これほどの世紀の猿芝居があるだろうか。『南米耳袋』p.239


角田儒郎氏が東京裁判を裁いた内容の『日本の継戦』を読み、さらに田辺敏雄氏の『検証 旧日本軍の「悪行」』の第一章・「東京裁判史観への道」に目を通した直後だけに、思わず喝采したのだった。それにしても、猿芝居とはよくぞ言ったものだ(笑)。

ところで、東京新聞の夕刊で「水軍遙かなり」という連載小説があるが、昨日アップした記事「今東光とゼスイット」と深く関連してくる。いずれ単行本になると思うが、何処まで豊臣秀吉の正体を明らかにできるか、楽しみである。

13040602.jpg
13040603.jpg
13040604.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/116-075a43ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)