プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
45年という歳月の重み
昨日の拙稿「日本のラテンアメリカ化?」で、1972年9月にチリの首都サンチャゴを散策していて、アジェンデ大統領のパレードに遭遇したことを書いた。遠方から接近してくるオープンカーから、大勢の大衆に向かって手を振るアジェンデ大統領が、接近してきた刹那お互いに目と目が逢った。その時、同大統領の身体からオーラのようなものが出ているのを感じ取れたのだし、何よりも同大統領の身体全体に人としての温もりを感じ取れのである。今にして思えば、実に貴重な体験であった。

16069901.jpg
サンチャゴの街から望むアンデス山脈

16069903.jpg
アジェンデ大統領 殺害される数時間前の演説

1972年というと今から44年前で、当時の亀さんは19歳、1972年3月23日に大勢の親戚や友人に見送られて、羽田からモスクワを経由してコペンハーゲンに飛んでいる。コペンハーゲンでは観光を兼ねて数日間ほど滞在した。最初、隣の国スウェーデンに文通相手だった同い年の女の子が、ストックホルムに住んでいたので会いに行くつもりでいたが、取り敢えずロンドンでバイトをして旅行資金を貯めながら、英会話学校に通って英会話を身につけ、3ヶ月ほどしたらヨーロッパを1~2ヶ月ほどかけて一周、スウェーデンにも寄ってガールフレンドに会い、その後日本に帰国するつもりでいた。

では、どうして半年後の1972年9月にチリのサンチャゴなのかと言うと、バイトをしていたロンドンで知り合った、可愛いアルゼンチン人の女の子を追いかけ、南米に飛んだというわけだ。彼女のことは拙稿「寅さんのことば 第2部 11」にも少し書いた。

ここで、テレビドラマ「スミカスミレ」で印象に残るワンシーンがある。それは、人生をやり直したいと切望していた、70歳の如月澄が最後の最後に夢を叶え、45年前の25歳の姿になり、新しい人生を歩み出すというシーンだ。そんな如月澄の心からの笑顔を見た化け猫の黎(れい)は、以下のメッセージを残して如月澄の家を後にするのだった。

16033213.jpg

それにしても、45年と云えばほぼ半世紀だ。1972年当時の亀さんには実感がまったく湧かなかったが、漸く今になって45年という時の重みが分かった。それにしても、亀さんの45年なんて、アッという間だったワイ…。

16069902.jpg
ウルグアイ人のガールフレンド、アナベールと
※ アルゼンチンのバリローチェからチリのプエルトモントまで、船とバスを乗り継いでアンデス山脈を横断した時に知り合い、サンチャゴまで一緒に旅をした同い年の女の子。44年が経った今でも、時々メール交換をしている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/06/12 04:06] | # [ 編集 ]

ご無沙汰しております!
同業者(翻訳)の投稿は嬉しいですね。また、アジェンデ元大統領の暗殺に纏わる秘話、ありがとうございました。小生も同様に黒幕はCIAと確信していましたが、それにATTを足すと完璧ですね。それにしても、チリは惜しい人物を亡くした…。

また、時々投稿してください。お待ちしております。亀さん拝
[2016/06/12 04:34] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

45年前の武者修行
45年前の海外への出発の様子から、武者修行にいく紅顔の美少年”赤胴鈴之助”と亀さんがダブりました。(今は高倉健さんなんですかね)
”ちょこざいな小僧、名を名乗れ!  ♪♪ 夢は大きい少年剣士、弱い人には味方する。ガンバレ!強いぞ、ぼくらの仲間、赤胴鈴之助♫”
(吉永小百合さんが千葉さゆり役で出ていたのですね)

私も古い人間で、小学生の時はラジオで楽しみにしていたのですが、中学以降は洋物に上書き・ペーストされてすっかり忘れていました。

1978年の私のアメリカ滞在中にも強烈な記憶があります。
アトランタの大学で学ぶ友人を訪ねたとき、少し離れた郊外に行ったのですが、農場も牛舎も何もない田舎。何軒かのバラック建ての家が並んでいるだけ。
古びたシャツとパンツをつけた裸足の白人たちが出てきて、東洋人がここに来たのは初めてだと云いながら国などを聞かれました。
豊かな国アメリカのイメージが壊され、帰国後もその落差が残りました。

トランプさんがプワ―ホワイトに落とされた白人の支持を得て大統領になったのも納得したのですが、黒人と移民が下支えしていた底辺の経済状況に多くの白人が落とされるという現実に
アメリカの今後に不安定さを感じます。日本を直撃するでしょうから。
[2017/08/20 18:19] URL | オガワ #- [ 編集 ]

風と共に去りぬ
オガワさん、投稿有り難うございました。

ソー言えば、赤胴鈴之助に登場する千葉さゆり役は吉永小百合でしたね。思い出しました。

__________
アトランタの大学で学ぶ友人を訪ねたとき、少し離れた郊外に行ったのですが、農場も牛舎も何もない田舎。何軒かのバラック建ての家が並んでいるだけ。
古びたシャツとパンツをつけた裸足の白人たちが出てきて、東洋人がここに来たのは初めてだと云いながら国などを聞かれました。
豊かな国アメリカのイメージが壊され、帰国後もその落差が残りました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ジョージア州の州都アトランタと言えば、『風と共に去りぬ』の舞台となった所…。海外放浪の旅から日本に戻った二十代前半の頃、上州を放浪したことがありますが、ビッグマック並に厚かったペーパーバック版の『Gone With the Wind』をリュックサックに詰め、放浪を終える頃までには読み通したような記憶がありますが、今では懐かしい思い出です。映画も幾度か繰り返して見ました。

話をアメリカの深南部に戻すと、小生は本多勝一の『アメリカ合州国』の影響を受け、アメリカ・カナダ一周の旅の途中、ニューオリンズを北上、同書に書いてあった田舎町(町名失念)のホテルに一泊したことがあります。このあたりは、「ウソ話で固めた昭和の歴史」に少しですが書きました。御笑読ください(笑)。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-100.html


亀さん@高倉健似? それとも渥美清似?
[2017/08/21 04:32] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1135-b242d8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)