プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
いぃ~ねぇ、よつばと!
16069102.jpg
http://daioh.dengeki.com/contents/yotsubato/

掲示板「放知技」の常連、堺のおっさんから「よつばと!」という漫画を紹介された。早速取り寄せ、寝る前に焼酎をあおりながら読んでいるんだが、ほんわかした気分にしてくれる、実に酔い…ではなくて良い漫画だ。

漫画の主人公は、小学校入学前の5歳の女の子よつばで、天衣無縫というか、如何にも子どもらしい子どもだ。また、よつばのとーちゃんが亀さんと同じ、〝こんにゃく家〟というのも気に入った。このよつば、捨て子で青い目をした女の子である。



そんなよつばを見て思い出したのが、亀さん家の下の息子だ。いつだったか、まほろば会の編集室に置いてあった大量の漫画本を、天童竺丸さんが二人の息子さんにと、プレゼントしてくれたことがある。かわぐちかいじの『沈黙の艦隊』、そして森秀樹の『墨攻』だった。そして、当時小学生だった下の息子は、『墨攻』を熱心に読んだかと思うと、ナント昆虫採取家から薬草研究家へと〝ダイヘンシン〟したのである。その話を天童さんにしたところ、「ほぉ、面白い子だね!」と言ってくれた。

16069101.jpg

漫画を単なるサブカルチャーと馬鹿にする向きもあるが、白土三平の『カムイ伝』、アニメだが宮崎駿の「となりのトトロ」を例に挙げるまでもなく、日本には誇るべき漫画やアニメが実に多いと、小学校低学年の時、アニメ「鉄腕アトム」を見て感動した、筋金入りの漫画・アニメファンの亀さんは思うのである

最後に漫画にまつわる思い出話を一つ。まだ、三輪車に乗っていた4~5歳の頃だったと思う。街の本屋さんで漫画本を買い、帰り道、三輪車を運転しながら夢中で漫画を読んでいたら、急に見知らぬ大人に抱きかかえられたことがあった。後ろを振り返って見ると、小型トラックの運転手が窓から顔を出し、「すみませぇ~ん」と、亀さんを抱きかかえて道を空けてくれた人に、笑顔でお礼を言っていたのを、まるで昨日のことのように思い出す亀さんであった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1123-e85c684e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)