プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
気づきから始まる権力崩壊
安西ファイル第四弾「気づきから始まる権力崩壊」をお届けする。また、明日最終弾(第五弾)の「既に始まっている意識とシステムの変化」をお届けした後、安西ファイルの「大麻編」を続けてお届けする予定でいる。

④気づきから始まる権力崩壊
●お金の仕組みを変えていくパナマ文書

・ニュースでも時々紹介されているパナマ文書ですが、大変な量の情報が詰まっています。どういう情報なのかというと、税金のかからないパナマの銀行に、世界中の大金持ちがお金を預けるケースがあり、その内容と動きがすべて網羅されているものです。
・いくらのお金が誰の名義で、いつ、どこから預けられ、その後、そのうちのいくらのお金がどこそこの誰にいつ支払われた、、、というような詳細がこと細かに記載されているわけです。
・お金を海外の銀行に預けること自体は違法はないのですが、何と言っても巨額なお金です。そのお金の動きを追っていけば、いくら隠しても誤魔化していても、何が本当だったのかが、すべてお金の動きからわかってしまいます。あの人のこと、大嫌い、、、と口先では言っている人でも、何千億のお金がしょっちゅうその人に振り込まれていたとしたら、一体何があったのか、、、と誰でも疑うでしょう。脅されて振り込んだのか、、、それとも、口先では悪くいいながらも、本当はグルだったのか、、、というようなことがわかってしまうわけです。
・もしそれが政治家同士、、、政治家と企業間で、、、さらに国家同士で行われていたなんてことになれば、一体この世はどうなっているのか、、、と。例で上げるとしたら、例えば、大事件の真相究明などにもしお金の動きと流れで追いかけることができたら、本当は誰が何の目的でそうした事件を起こし、誰が実行犯だったのかなどがわかってしまう。
・例えば、アルカイダが犯人とされているような事件があったとして、その背後でお金の動きを紐解いていけば、本当は誰の命令でそうした事件が起きたのか、、などがかなりの確率でわかってしまう。どこかの宗教団体と政治家が関連する企業間で大きなお金が動いていたとしたら、その意味は何だったのかなど、お金が動いた時期の出来事などと照らし合わせたら、ものの見事に事実が判明できる。
・もし、この世に裏があるとしたら、その裏にかかわるお金の動きもあり、その部分が白日の元にさらされた、、、、というのが、パナマ文書となるわけです。ですので、これは大変重要なリークなのです。
・なぜこのような情報が開示されたのかは、今のところ不明ですが、聞くところによると、この情報を開示した勢力は、世界の超大金持ちへの不信とその告発であると言っているようです。一方で、これはアメリカが仕組んだ罠で、政敵などを葬る方法に利用している、、、と考える人もいます。
・例えば、プーチンや習近平の親類や知人の口座が開示されているため、アメリカが有利になるという考えです。また一方では、これは1対99の争いがさらに上を行ったもので、1対99の勝者の1の中の争いである、、という考えもあります。1パーセントのこれまでの勝者をさらに1パーセントにしてしまおう、、とする流れだというのです。
・もちろん私には何が本当であるかはわからないのですが、パナマ文書の内容自体にはインチキはおそらく無いと思います。政治的な争いや利用はあるのかもしれませんが、だからと言ってインチキな内容になっているはずはありません。
・時間経過と内容が克明に網羅されているのですから、インチキかそうでないかはすぐにわかるでしょう。なので、パナマ文書には基本的にインチキ内容は含まれていないと考えるほうが自然です。
・しかし、今後マスコミはこの文書の一部の誤解を大げさに取り上げて、パナマ文書は大したものでなく、間違いがなんか多いみたいですね、、、という顔を作っていくと思います。菅官房長官に至っては、パナマ文書公開と同時に日本では詳細は調査しない、とすぐに断言している始末。ここに日本の深刻さがむしろ見えてきます。
・あまりに重要な情報であり、この世の構造と仕組みをお金の動きから解き明かす一級の資料ですから、解読には多少の時間がかかると思いますが、これは一度出てしまった以上は、いくら時間がかかろうとも結局は情報が勝利します。知ったらしまい、、、ということで、どんな悪事もその内容がわかってしまったら、もう続けることはできません。
・パナマ文書から逃げたい政権や政治家、企業家は日本にも相当いるはずで、たとえ今回逃げることができたとしても、同じ手はもう二度と使えなくなるのです。その意味で、パナマ文書は決定的に重要なものとなります。もうできないのです。これまで同様の悪事を。となると、世界はやはり変わります。うまく逃げた人でも、仲間に脅される可能性も高くなります。
・どんなものでしょうか。日本という枠組みすらもう不要になるはずですから、そう考えるのもおかしいのかもしれませんね。日本と脅しあい、だまし合いのあい打ちがこれから始まるでしょう。悪の内部崩壊が始まるゴングが鳴らされたのです。マスコミは権力に常におもねますが、いくらマスコミが嘘をつき通しても、同じやり口が今後通用しなくなりますので、その結果、既得権益が得られなくなった悪人同士の仲間割れが起き出すのは見えています。
・もし、国家犯罪が暴かれるような事態になれば、おれは知らない、、、と逃げ出す際に、他の悪人を血祭りにあげなくてはならなくなるなど、修羅の世界が繰り広げられるはず。俺じゃない、お前の方だ、、、と。勝者1パーセントの内部抗争がこれから華やかになるわけです。そうなると世界の権力構造は内部から壊れるようになりますから、あっという間かもしれません。こうなると早いのです。
・今年は何か起こらざるを得ない年になります。パナマ文書、、、マスコミはあんなものは実は本当はたいしたものじゃない的な報道を行なうでしょうが、事実を知らせたくないなら、それでもいいのです。もう悪事が働けなくなる、、、権力の内部崩壊が始まる、、、それだけでも時代を動かす力になってくれるからです。
・知ったらおしまい。早く改心して皆でよい世界を築きたいものです。悪かった人もまだ力はあるのですから、今度は本当に良い方に力を使ってください。
・悪い人の力なくして良い世はつくれません。良い人がビジョンを持ち、悪い人が実際に現実を作る、、、このコンビネーションがうまく行った国から混乱を抜け出すことになります。それが日本であってほしいと思うのですが、かどの国だとかは。同じ人間なのですから。


(ブログ「水瓶座時代~マドモアゼル愛オフィシャルブログ」2016年5月11日付「パナマ文書のゆくえ」より引用・一部編集加工)


【ポイント】
・パナマ文書はこの世の裏にかかわるお金の動きが白日の元にさらされたので、大変重要なリークである。
・今後マスコミはこの文書の一部の誤解を大げさに取り上げて、パナマ文書はたいしたものでないと矮小化し、静かに終息を図るだろう。日本政府は公式見解としてパナマ文書の詳細は調査しないと断言しており、ここに日本の深刻さが見える。
・パナマ文書がいったん出てしまった以上は「知ったらしまい」ということで、どんな悪事もその内容がわかってしまったら、もう続けることはできない。たとえ今回逃げることができたとしても、同じ手はもう二度と使えなくなるので、パナマ文書は決定的に重要なものとなる。
・日本と脅しあい、だまし合いのあい打ちがこれから始まる。悪の内部崩壊が始まるゴングが鳴らされた。いくらマスコミが嘘をつき通しても、同じやり口が今後通用しなくなるので、その結果、既得権益が得られなくなった悪人同士の仲間割れが起き出す。世界の権力構造はあっという間に内部から壊れるようになる。
・今年は何か起こらざるを得ない年になる。もう悪事が働けなくなる、権力の内部崩壊が始まる、それだけでも時代を動かす力になってくれるので、事実を知らせたくないなら、それでもいい。
・悪い人の力なくして良い世は創れない。良い人がビジョンを持ち、悪い人が実際に現実を創る、というコンビネーションがうまく行った国から、混乱を抜け出すことになる。

【私見】
・この世の支配者は、寄生性を最大限に発揮し得る社会体制を創り上げた。収奪的なお金の仕組み(金融制度)や経済の仕組み(資本主義経済)は、その中心的な役割を果たしている。人々は、これらの仕組みが優れているという教育やプロパガンダによって洗脳されているので、その本質が寄生性にあることになかなか気付かない。
・リーマンショックは全世界を不況に陥れたが、相次ぐQE(量的緩和政策)やマイナス金利等の金融政策によっても景気は一向に回復せず、その後遺症はいまだに続いている。リーマンショックは、デリバティブがレバレッジを際限なく機能させ、巨額のお金を一気に奪うことができる危険な金融取引であることを人々に思い知らせた。だが、デリバティブは主に金融機関や機関投資家など多数の資金を運用するプロ向けの取引であり、一般庶民が取引することはあまりないため、その危険性をいまひとつ実感できない。
・リーマンショックの原因究明と再発防止を検討する過程で、タックスヘイブンやオフショア市場の問題点はすでに指摘されていた。しかし、これらを利用する者たちの巧みな工作によって改革は形だけの中途半端なものに終わってしまい、生きながらえたタックスヘイブンとオフショア市場は息を吹き返してますます活発に拡大発展して今日に至った。
・ところが、今回のパナマ文書の発表は、タックスヘイブンやオフショア市場の息の根を止める可能性を秘めている。それは全世界の数多くの著名な人物や企業が実名で暴露され、一般庶民にもその名が広く知れ渡ったことと、税金という生活に直結するテーマだけに、人々の関心がデリバティブに比べてかなり高いからである。
・マドモアゼル・愛氏が主張するように、知られてしまったら悪事がはたらけなくなるのでおしまいであり、世界の権力構造は内部から壊れるようにあっという間に崩壊するかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

お忙しいと、油断してたら貯まってしまって、読むのが大変です(笑)
「知られてしまったら悪事は働けない。」
理屈ではわかっていても、そんなにエラソーに上から目線で
自分の理屈を通したいなら、正々堂々としはったらエエのにね。

と思うのが素人の浅はかさなんでしょうね(笑)
せめて、学校の先生わかりーーーな
と思うのは私だけかな。
随分住み良くなりますよ。
[2016/05/29 16:48] URL | 大阪のおばちゃん #- [ 編集 ]

いつも有り難う
いつも感想の投稿を有り難うございます。筆者の安西も喜んでくれることでしょう。

それにしても、1年前は今年の梅雨前後には物流が混乱を来すと予想していましたが、今のところ大きな混乱は出ていませんね。だが、「里子のブログ」を追っていると、過去5年間の内部被曝という蓄積の影響が、徐々に表面化しているのが分かり、不気味です。

ともあれ、予想以上に日本の土壌の「菌力」は思いの外強く、改めて日本列島の凄さが分かりました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-894.html
[2016/05/30 04:24] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1118-63b67f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)