プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
人生、歌がある
16032101.jpg

数日前、BS朝日で都はるみの特集を偶然途中から見て、「しまった、録画しておくんだった」と、後悔しつつも最後まで見てしまったんだが、番組が終わってから確認したところ、やはり昨年の師走(12月16日)に録画しておいた、「3時間スペシャル!都はるみ 歌一筋52年の花道」の再放送だった。せっかく3ヶ月も前に録画しておいたのに、仕事に追われて見る間もなく、いつの間にか3月に突入していたというわけだ。

同番組は都はるみ以外のプロの歌手も大勢登場、前半は一人一人の歌手が自身の持ち歌を歌った後、後半は一人一人が都はるみの歌を歌うという構成だった。この後半だが、どの歌手も流石は本職だけに上手く、見事に都はるみの歌を歌っているのに驚かされた。プロなのだから当然とは言えば当然なのかもしれないが、特に唸ったのが五木ひろしの「涙の連絡船」…。今まで、男性歌手では都はるみの歌を歌えないだろうという先入観があっただけに、情感の籠もった「涙の連絡船」を見事に歌いきった五木ひろしに驚かされたのである。



そんな折、掲示板【放知技】の「飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc -14-」で、歌についての投稿が続いた。特に注目したのが以下の二つの投稿だ。


712:ムーの風 :

>>706 先生

 ツイ連想ゲームですいません、赤色エレジーであがた森魚を思い出し彼が出ていた
花遍路が出てきましたが緑マコも出ていて
なぜか劇団赤テントや天井桟敷につながってきたのですが全て貧困が底流としてありましたね。
 また貧困がリバイバルしてきた世相ですが若者のココロの傷のような曲で最近心にのしか
かっているのは高校教師で使われた“僕たちの失敗”で今までにない衝撃で聞くと涙が出てダメです。
スイマセン、とりとめもなく。

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15662298/712/


717:飯山一郎 :

>>712 ムーの風さん,よくぞ見破りました

日本と韓国の演歌の底に流れるバッソ・オスティナート(執拗低音・基層低音)こそは,
固定化された貧困であり,貧困の中での男女の別れと,抜け出られない社会閉塞でした。

しかも,いま,この貧困のバッソ・オスティナートが,日本社会の底部に執拗に流れはじめた。

ほんと,やりきれませんな。日本の若者たちが,まこと,可哀想でなりません。

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15662298/717/


演歌と貧困とは切り離せないモノであることが、お分かりいただけると思う。また、演歌そのものは新しいジャンルである点にも思いを致すべきだ。以下の記事を参照されたい。
「演歌は日本の伝統」を掲げる議員連盟に「?」演歌は1960年代に生まれたもの、みだりに「伝統」を使うな!

ところで、亀さんの歌は落語の域に達しているので、あまり音楽のテーマは書きたくはないんだが(爆)、音楽と言えば最近の歯科&音楽ウォッチャーさん、歯科関係のテーマだけではなく、たまには音楽についても書いて欲しいんだが…(と、プレッシャーをかける)。

16032102.jpg
『月刊日本』4月号 p.50
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1048-5d0dd1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)