プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
夢の蕭白(しょうはく)
1~2年前だっただろうか、NHK「日曜美術館」で「関根正二の青春」を放送、ゲストに敬愛する今東光和尚が登場していた。今から思うに、録画しておけば良かったと悔やまれる。もし、再放送されるようことがあれば、是非読者にも見てもらえたらと思う。以下は亀さん同様、同番組を見た人の感想日記だ。
今ふたたびの絵画へ
目で見た感動を画で残す、そういう日々に考えたこと


16031801.jpg 16031802.jpg

和尚ファンは知っていると思うが、和尚はあれでナカナカ絵心があった。そんなエピソードを『極道辻説法』(集英社)から引用しておこう。

〈和尚前白〉
オレは日本画にゃああまり興味ないんだ。風景や静物画なんぞ描いたって、芸術の醍醐味なんてわかりゃあしねえよ。なんてったって、女のヌードこそ、神の造った芸術の粋だよ。

去年の暮れに銀座の画廊で、初めてオレのクロッキーの個展をやったんだが、オレが女のヌードの絵を出すっていうんで、警視庁がすっとんで調べにきたよ。なにしろ、オレはオ×××まではっきり描かねえと気がすまねえたちだからね。東郷青児とは若い頃一緒に二科展に応募したくらいの親しい仲だが、それが見にきてくれて、「ジャン・コクトーよりうまいよ」とほめてくれた。なにしろ日活のポルノ女優なんかをモデルにして描いたからな。ヌード描くことは誰にも教えなかったよ。柴錬なんかに知れたら、奴さん、スケッチブックもって、とんで見にくるからな。アハハハ……。

『極道辻説法』p.8


さて、大分前置きが長くなった。その分、本文は短く切り上げよう。先日、「日曜美術館」で「夢の蕭白(しょうはく) 傑作10選」を見た。

16031803.jpg

最初に上の鷹狩り図でゲストの一人が、「タカを権力の象徴と捉えると、タカに追われている鶴は権力と対峙する者(アウトサイダー)を象徴している」と語っていたが、なるほどと思った。「自ら顧みてなおくんば、千万人ともいえども我行かん」ではないが、我々も自分の正しいと思った道は、信念を持って突き進んでいきたいものだ。

16031804.jpg

次は本物に接することの大切さについてだ。亀さんも、「本当の情報を知りたければ、真実を知りたければ、俺のところ(ブログ)に来い」と、胸を張って言えるようになりたいんだが…。

16031805.jpg

最後だが、ゲストの一人が「人間は複雑な生き物、聖なる心も邪なる心も両方併せ持つ」と語っていたが、まさにその通りだ。その代表的な絵が、美女に見とれて天上から落下、仙人としての神通力失った代わりに、美女と楽しい日々を過ごす元仙人の老人とのカップル図だ。この絵についてゲストの一人が、「ひた隠しにされていたものを赤裸々に描いている蕭白の作品に心ひかれた」と語っていたが、ブログの世界でも〝同い年の息子〟などと、人前では憚れるようなことを平然と書くようなブロガーこそ、本物のブロガーと言えそうだ(爆)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1044-b42a195f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)