プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
初恋はカルピスの味
掲示板【放知技】で、〝しばらく〟血生臭いことは書かないと宣言した手前、〝ここ数日〟はホンワカしたテーマを書いていこう。

さて、今週末は出かけることが多くなりそうなので、彼岸入りした今日、早速ご祖先様の墓参りをしてきた。フーテンの寅さんと違って亀さんのスゴイところは、生まれてこの方一度も、自分の家の墓を間違えたことがなかったちゅうことだ。だが、寅さんの場合…


おいちゃん、おばちゃん、さくらが、秋のお彼岸で墓参りに来ると、ナント墓前で寅さんが手を合わせている…。

16031701.jpg

そこへ御前様も加わり、車家一堂が墓の前で手を合わせようとした時、墓石に水をかけていたおいちゃん、急に大声を出す。

おいちゃん:あ、いかん。御前様、うちの墓は隣です。

16031702.jpg

おばちゃん:あら、ほんとうだ。やだよ寅ちゃん、墓間違えたりしてぇ!

16031703.jpg

寅:あ、そうか。ちょと立派すぎると思ったよ。ハハハ!

プッと吹き出すさくら…
http://www.yoshikawatakaaki.com/lang-jap/22saku.html


尤も、亀さんは同じ墓地にある本家の墓を、幾度か間違えたことがあるんで、寅さんのことは言えない立場なんだが…。

さて、お線香に火を付けるのは、決まって一家の主である亀さんの役目だ。今日もテキトーに仕事場に散らかっていた新聞紙を持ってきたので、それを丸めて燃やし、お線香に火を付けようとしてハッとした。燃やそうとしたのは1月31日付の東京新聞で、以下の写真と記事が目に飛び込んできたのだ。実は拙稿「申し訳ない…」で亀さんは以下のように書いた。

偶然だが昨夜、「スミカスミレ」というテレビ番組を見た。


16033111.jpg

白状すると、上記の記事を読んだので「スミカスミレ」を見ようと思ったのだ。そして、何となく桐谷美玲の写真を見て、引っ掛かるものがあったのだ。それが何なのか結局思い出せなかったんだが、その後、〝引っ掛かるもの〟が分かった。実は亀さんの初恋の人と桐谷美玲は、実によく似ているのだ。念のため、「初恋」をキーワードに拙ブログを検索してみたところ、出るわ出るわ以下のような記述がヒットした…。

亀さんも中学二年の時に初恋を体験して以来、色んな女の子に惚れたもんだよ。アメリカには結局2年ほど住んだのだが、ヤンキー娘やヒスパニック系の女の子など、色んな女の子と恋に陥った亀さんなんだが、このあたりの話も別の機会にしよう。
寅さんのことば 51


あとからあとから振られてる寅さんや留吉を見ていると、亀さん自身を見ているような、ナァ~ンカ妙な気分になってくる(爆)。中学二年生の時に初恋を体験して以来、大勢の女の子に恋をし、そして振られてきた亀さんだからだ(泣)。
寅さんのことば 第2部 04


亀さんの初恋は、チット遅いんで恥ずかしいんだが、中学校二年生の時だ(13歳)。実は、亀さんは3年間の放浪生活の間、一週間ほどだが日本に里帰りをしている。その時、大切な亀さんの初恋の女(ひと)のことを、家に集まった悪友連中にうっかり話してしまったところ、盛り上がって急遽その娘(こ)とデートすることになった。目出度くデートは実現し、最高の気分だったなぁ…。彼女の実家は今でも亀さんの自宅から、自転車で5分とかからない所にある。初恋の女(ひと)は、今ごろどうしているんだろうか…。
初恋の女(ひと)


亀さんと同学年の松坂慶子、着実に年輪を重ねてきたことを匂わす、実に味わいのある演技を見せている(松坂は昭27年7月生まれ、亀さんは昭和28年2月の早生まれの同学年だ)。その松坂慶子、ドラマ「スミカスミレ」では如月澄を演じ、65歳になるまで一度も恋愛をしたこともなく、従って初恋も体験していないという役割だ。それに比べて亀さんの初恋の娘とのデートは、ピュアとは言えないかもしれないが、それでも少なくとも中学二年生の時の初恋の人への想いは、カルピスのように青春そのものの味だった。今や還暦を過ぎた亀さんにも、そのような時があったちゅうわけだ…。

最後に、ドラマ「スミカスミレ」では、同学年の松坂慶子の言動に共鳴することが実に多いんだが、同時に及川光博演じる化け猫が、澄そしてすみれを思う気持ちに打たれた亀さんであった。〝草莽の志士〟と通じるものがあるからだ。

16033113.jpg

16033114.jpg

16033115.jpg

16033116.jpg

16033117.jpg

16033118.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

亀先輩、こんばんは

甘酸っぱくも甘〜い初恋は

幸せを感じる瞬間ですな。

Betsy & Chris White color is lover's 白い色は恋人の色

http://youtu.be/BMkJjevfaiY

[2016/03/17 18:12] URL | #- [ 編集 ]

いろいろな國の娘を思い出す…
いつもありがとうございます。歌う若い2人の青い目をしたおねえちゃんを見て、世界各地で恋におちた昔の亀さんの彼女たちを思い出しました。
[2016/03/18 03:06] URL | 亀さん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1043-45bc791e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)