プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
命運尽きた瑞穂の国、だが…
東日本大震災から5年目を今日に迎え、改めて思い致すべきは震災直後の今上陛下のおことばである。その日付は2011年3月16日午後4時35分。以下は「東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば」と題する、ウィキペディアの項目から一部を抜粋したものだが、陛下のおことばに至るまでの経緯が簡素に書かれている。

2011年3月15日、天皇は宮内庁長官・侍従長と相談の上、国民向けのビデオメッセージを放映することを決定し、皇后と相談しながら原稿作成を進め、翌日の3月16日午前中までに完成。同日午後3時にはビデオの収録を開始し、天皇はビデオカメラの前で「おことば」として読み上げた。メッセージは、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の状況を憂慮し、防災関係者を労い、被災者を激励する内容であった。

午後4時35分から、日本放送協会(NHK)をはじめとする、日本の大部分の放送局が録画されたビデオメッセージを報道特別番組の一環として放送した。その際に緊急の情報が入った場合は、そちらを優先してほしいとの天皇の意向も各局に伝えられていた。

天皇が不特定多数の日本国民に対し、マスメディアを通じて自らメッセージを伝えたことは、1945年(昭和20年)8月15日に昭和天皇がポツダム宣言の受諾を国民に伝えた玉音放送以来66年ぶりのことで、一部で「平成の玉音放送」とも表現された。



東日本大震災における天皇陛下の御言葉【平成の玉音放送】

ここで、ウィキペデアに書かれている陛下のおことばの内容に改めて注目してみよう。

メッセージは、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の状況を憂慮し、防災関係者を労い、被災者を激励する内容であった。


表層的には確かにそのとおりである。しかし、果たしてそれだけだったのだろうか…。個人的な推察を述べるとすれば、陛下のおことばは文字通りの「平成の玉音放送」であったと思う。ここで、改めて陛下のおことばが放送された日時が、「2011年3月16日午後4時35分」であったことに注目していただきたい。誤解を恐れずに言えば、陛下のおことばは〝宮内庁以外〟から届いた情報を基に、いずれ日本が〝死〟を迎えることを理解された上でのものだったのだ。

以下、簡単に当時を時系列で追ってみよう(重要な出来事を赤線で示す)。

16031103.jpg
http://d.hatena.ne.jp/Takaon/20140706


福島原発1、3号機爆発映像

次に政体。日本の国体(皇室)が確実に福島原発事故を把握されていた一方、政体、具体的には菅直人首相(当時)が首相談話を国民に述べることなく終わったのは、ひとえに国体と政体の情報源の違いにあった。政体は〝東電以外〟から届いた情報を鵜呑みにし、最終的に首都圏避難は不要であると判断したのだ。

15122804.jpg
2011年4月、田中龍作氏が宮城県南三陸町にて撮影

※注】当時の背景は日本のマスコミだけでは分からないため、残念ながら海外の情報に頼らざるを得ない。以下、一例としてドイツ国営放送ZDFのドキュメンタリー番組を紹介しておこう。


2012/05/06up ドイツZDF フクシマのうそ (日本語吹替え) Part1~2

その後の政体は何事も無かったかのように振る舞い、今では原発再開の声が日増しに大きくなってきている。また、数年前の安倍首相による原発セールスも記憶に新しい。

16031105.jpg
安倍首相が繰り広げたトップセールス。写真は2013年5月3日、トルコのエルドアン首相との握手(代表写真) 

ここでチェルノブイリ原発事故を振り返るに、同原発では大勢の犠牲者を出しながらも最終的に石棺化に成功している。それにも拘わらず、放射能による後遺症で苦しむ人々は未だに多いのだ。一方、日本の場合は石棺化どころか、何もせずに5年間も福島原発を放置、今も放射能のタダ漏れが続いている。そのため、チェルノブイリ原発以上の悲惨な結末を迎えることが容易に予想できるのであり、まさかと思うだろうが、間もなく首都圏が麻痺し、ライフライン(電気・水道・ガス)がストップ、やがて日本列島は原始生活に突入していく。

では、原始生活に突入した瑞穂の国は、このまま露と消えていく運命にあるのだろうか…。ここで目に止まったのが『StarPeople』(Vol.58)であった。

国家崩壊寸前、危機存亡の事態の最中にあっても、〝平常心〟を保つことができる仙人のような人々(本物の日本人)が、いま、夢と希望をもって新しい国家・新日本国をつくる! という実現可能な構想を練り始めています。
『StarPeople』(Vol.58)p.79


詳しくは、『StarPeople』誌の「飯山一郎の“新日本建国神話”」シリーズ、「◆第3話◆『新日本国建国』の方法と知恵」を参照されたい。ここに、一縷の望みが残っている

16031106.jpg

最後に、毎年この時期が来ると、いつも思い出すテレビのワンシーンがある。旧ブログから再掲しつつ、本稿の筆を擱く。

数日前になるが、夕食時に何気なくテレビの画面を見ると、気仙沼市の小学校の卒業式の様子が放映されていた。卒業式の後、インタビューを受けていた小学校六年生の女の子が、「(行方の分からない)お母さんにも出席して欲しかったです」と、淡々と答えている健気な姿を見て、思わず熱いものがこみ上げてきた。
ををしさ 2011年4月 6日 (水)記


16031101.jpg

16031102.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

言葉がないですね。
「原発村」という言葉の重さを、5年の歳月を経て感情が落ち着いて
ある意味「諦感」を持ってきくと、ひしひしと感じます。

日本の神はどう思われようと、我々は代を重ねて生きていくより
ほかはありません。改めて、日本の神さん、仲良くしようね🎵

と、亀さんの魂の叫びに独り呟きました。

大阪でも、学校の校門に日の丸の半旗を掲げています。
国体は死なず❗
[2016/03/11 13:39] URL | 大阪のおばちゃん #- [ 編集 ]

大阪府堺市
いつもありがとうございます。今日公開された山田監督の「家族はつらいよ」を見に行こうと思いましたが、仕事が終わらず諦めました。来週中にはと考えています。

> 大阪でも、学校の校門に日の丸の半旗を掲げています。

嬉しいですね。また、掲示板「放知技」で堺のおっさんが小生の記事を取り上げてくれており、嬉しく思いました。堺市は大阪だし、今度あったらヨロシクお伝えください(笑)
[2016/03/11 15:15] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


堺のおっさんにお会いしたいのですが、ど~このだーれだか知ーらないけれど~🎵状態で振られっぱなしなんです(笑)
[2016/03/11 17:20] URL | 大阪のおばちゃん #- [ 編集 ]

月光仮面のオッサンを知らなかったのか…
> ど~このだーれだか知ーらないけれど~🎵

そうでしたか、それは残念です。まぁ、月光仮面は正体が不明だからねぇ…。
[2016/03/12 02:59] URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1035-69e96d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)