プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
ニセモノばかりの保守論壇
16022302.jpg

『月刊日本』三月号が届いた。今号も「アベノミクス大崩壊」という特集に水野和夫氏と大手町太郎さんの二人が執筆しており、これから読むのが楽しみだ。また、「原発と被災地は今」という特集も、河合弘之・江口工・古川美穂の各氏による熱の籠もった記事のようで、これも今から楽しみである。中でも亀さんが注目したのが、山崎行太郎氏と佐藤優氏による対談、「ニセモノばかりの保守論壇」である。その中から、「ヤクザ」と「ロシアの声」(現在は『スプートニクス』と改称)について、佐藤氏がどのような発言を行ったか簡単に紹介しておこう。

最初に「ヤクザ」。佐藤氏は山口組の田岡一雄三代目組長と高倉健の交流について言及しているのだが、このあたりは拙稿「高倉健となべおさみに見る任侠道」でも取り上げているので割愛するとして、注目したのは高倉健の幻の映画「三代目襲名」が先月、ついに発売されたという佐藤氏の話であった。アマゾンで確認したところ、堂々のベストセラー第一位だ…。

16022301.jpg

ここで考えるに、「三代目襲名」が発売されると、敗戦直後に山口組をはじめとする日本の任侠が果たしてきた役割が、誰の目にも明らかになってしまうことから権力側からすれば都合が悪いはずであり、そのあたりはアマゾンの「カスタマレビュー」で同DVDを絶賛する声が続いているのを見れば一目瞭然だ。それなのに何故、今まで発売禁止にしてきた映画を今になって解禁にしたのか…。それは、山口組をはじめとする日本の任侠の弱体化に成功したことと無縁ではない(ここで、ヤクザと任侠とは違うことを再確認していただく意味で、旧ブログの以下の拙稿(2本)を再読してもらえたら幸いだ)。
後藤組の仁侠
『侠-墨子』

また、本ブログでも以下の2本の記事の再読を勧めたい。
和僑
高倉健となべおさみに見る任侠道

次に「ロシアの声」。佐藤氏も「ロシアの声」に目を通していたようで、以下の発言からも佐藤氏は「ロシアの声」の価値を正しく評価しているのがわかる。

「ロシアの声」の背後にはロシアのインテリジェンス機関がいるので、意味のない報道はしません。
『月刊日本』三月号 p.17


なかでも、「ロシアの声」に掲載された2014年11月8日の記事、「北朝鮮 宇宙飛行士が太陽に着陸と発表」、今から振り返るに重要なメッセージが込められていたのに、いまさらながら気づかされた(詳しくは『月刊日本』三月号を参照)。今後は一見荒唐無稽に見える記事も、「スプートニクス」の場合は行間を読まねばと改めて思った次第である。

16022303.jpg
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/news/2014_11_08/279757675/
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1025-e8758e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)