プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
洞察歯観のすすめ(7)
歯科&音楽ウォッチャーさんから便りが無いので、チト心配していたんだが、今朝起きてみたところ久しぶりに私信が届いていたのでホットした。今回も歯科関連の話は無論のこと、絶食の話も十分読むに値する(太鼓判)。だけど…

> 血まみれの歯といえば、金髪フレッド・ブラッシーを思い出しますね(^-^*)。

16020701.jpg


って、歯科&音楽ウォッチャーさんの歳がバレバレじゃねーか(爆)

アッと驚く亀ゴロー@今日も15時間の仕事、頑張っている…

このところ電動絡繰り箱(PC)モニターの体調不良で、さてどうしたものかと考えつつも野暮用仕事をこなしておりました。断食でもさせようかと思いましたがそうもいかず、ニューフェイスを探すことにしました。数件、心当たりを歩いて何とか手頃なものをみつけました。お宝レコードを数枚、嫁に出すことになりましたが(^-^*)。

先日・・・もう古い付き合いになる友人から、「断食してみようかと考えている」が具体的にどうしたらいいのかアドバイスが欲しいと連絡があり、昨日の午後、珈琲店で久しぶりに会い、エスプレッソ飲みながら話し込んできました。
夜遊び仲間であり、長距離散歩するウォークマン仲間でもあるのですが、ここ数年、酒のせいか食べ過ぎなのか、狸腹になってきまして昨年、よせばいいのにメタボ健診を受けてレッドカードですよと脅されたようで・・・・・それがショックだったのか、ならば、断食でもしてみるか・・・・との思いに至ったようなのですが。
「アドバイスといっても、別段あれこれいうことはない。断食だから、食べなければいい!」
と言うと、
「それじゃあ、あまりに素っ気ない。もう少し、心構えというか・・・助走する部分というか・・・その気になるようなマジックワードはないのか」
などと言い出したので、私の断食初体験の時のことを話すことにしました。

もう20年前のことになりますが、断食初体験をしました。これは、自ら望んでのことではなく、強制的に・・・ということだったんですが。

当時、サラリーマンで営業屋しておりまして、休みもあるような無いような、かなり忙しい日々を送っていたのですが、それに加えて夜遊び三昧もしており暴飲暴食を重ねておりました。そんな毎日をくり返していたある日のこと・・・週の半ば水曜日でしたが、朝から胃がムカムカするような感じで歩くと何となくふらつく。珈琲をカップ半分ほど飲んで出勤して、夕方、退社時は体が重く感じて足下がかなり怪しくなり、帰り着くとネクタイをとる余裕もなく布団の上に大の字。翌朝、具合の悪さは二倍にも三倍にもなったようで、歩こうにも足下定まらず。それでも出社しようと駅までどうにか歩いたのですが力尽きてベンチに座り込み暫く固まってしまいました。これは、ただ事じゃないと思い、家に引き返したのですが、意識が朦朧としているのか玄関ドア鍵穴にキーを差し込むことも出来ず、キーを握ったままドアの前で無様にも倒れ込んでしまいました。何とかドアノブをつかんでキーを差し込み、玄関から台所まで這うようにして移動し、「このままじゃ、お陀仏か・・・」と思いながら救急車を呼ぶことに。救急車、この時、初体験です。
当然、病院へと運ばれることになるわけですが、
「行きつけの病院はありますか?」
と聞かれても答える気力も無く、(行きつけの病院など無いのですが)・・・苦しさにうなっている間に急患受け入れOKの病院に到着。

診療室で診てもらった後、即入院となりました。会社に連絡を入れるためナースセンターで電話を借りたのですが受話器を握ったままへたり込み、ナースに両脇支えられてベッドへと運ばれ、その時はもう、かっこ悪いの無様だのと考える余裕などなく、苦しさにうなされるまま。
ベッドに横になり程なくしてドクターがやってきまして、
「これから三日間。食事は抜きにするからね。お茶、水は口にしてもいいけど、食事は三日間、我慢するように。それと、薬は一切必要ないですよ」
と言うので、ビックリ仰天でした。とにもかくにも、この苦しみを何とか早くどうにかしてくれ!という状態なのに、三日間メシ抜きとは一体どういうことか?薬で苦しさを取り除いてくれないのかと怪訝に思ったのですが。・・・・ところが、ベッドの上で、うなり声を上げ無様な状態で迎えた三日目の朝。なんと不思議なことに、死ぬのくたばるのと七転八倒していた苦しみがウソのように何処かへと消えてしまい、エネルギー倍増というか生命力がみなぎるというか。今までに感じたことのない爽快な気分になっておりました。
週半ば水曜日に体が異変を訴えるようになり、翌日は更に悪化し、週末はついにダウンして入院となったわけですが、木曜日から日曜日の昼まで食事を抜いていたことになります。この強制的断食初体験が後に大いに役立つことになるのですが、今にして思えば、あの時、診てくれたドクターは真心診療でした。

断食志願の悪友は暫し黙って聞いていましたが、
「とりあえず、一日・・・やってみる」
そう答えるとエスプレッソ珈琲、二杯目に砂糖を入れて美味しそうに飲み始めました。これは・・・前途多難かもしれません。

エスプレッソ珈琲が美味しい昭和の香りが残る珈琲店のほど近くに、歯医者さんがありまして・・・四畳半歯科医院なんですが、待合室、受付の様子が大きな窓越しに見えるので、通りかかる度に何気なく覗いてみるのですが、つい最近のこと、窓にカラーペイント(デザイン文字)で、インプラント
審美歯科の文字が並んでいることに気づきました。これが、グリーンやオレンジ色で目立ちます。以前は看板になかった治療メニューで・・・突然、審美歯科メニューを加えたのは患者獲得のための苦肉の策だろうと感じました。審美歯科は特に資格のいるものではなく、何処でも、「うちは審美歯科やってますよ」と看板コマーシャルできるものなので、かもねぎ呼び込みの疑似えさのようにも利用できます。審美歯科といい、また、美容歯科なんて看板もある。
審美歯科は、口腔内整形手術するようなもの。その見た目が命。白く綺麗に格好良く見えればいいわけで、口腔内の機能などにつては二の次三の次。
「私も芸能人のように白く綺麗にしようかしら」
と審美・美容歯科を利用してみたいと思うことがあるかも知れない・・・しかし、綺麗は一時の喜び(勘違い)で、いつの間にか口腔内も顔も壊れてしまうかも知れないリスクが寄り添っている。

看板といえば、医院の玄関先あたりにホワイトボードを立て掛けて、歯科一口メモのような一文を日替わり週替わりスタイルでカラフルなマジックで書き込んであるものを時々見かけます。これも、「患者さんいらっしゃい!」の手作りコマーシャルなのでしょう。ランチの日替わりメニュー案内と似たようなもの。ちょっと立ち止まって一口メモを読んでみるのも面白い。
何時だったか、歯を削るエアータービンにについて書かれたものがあったので、立ち読みしてみた。ところが、治療器具の紹介かと思ったら、削ることなく虫歯を治療できます。ご相談ください。という文句が後半部分に踊っていました。あのエアータービンで削られるのは愉快ではありませんが・・・一分間に50万回転前後の超高速で回転するダイヤモンドバーで歯を削られるときの、あの独特の耳障りなサウンドは刺激が強く、高速で脳みそ引っかき回されているようで、口を開けたまま気が遠くへ飛んでしまう人もちらほらあるようです。エアータービンの切れ味は鋭く歯の表面のエナメル質を素早く削り取ることが出来る。扱う歯医者の手元がちょっとでも狂ったらエラいことになります。口の中は血の海!。以前、二回ほど手元うっかり、血まみれ治療を目撃したことがありましたが・・・・。血まみれの歯といえば、金髪フレッド・ブラッシーを思い出しますね(^-^*)。

削ることなく虫歯を治療する。これを取り入れた歯医者が結構増えてきているようです。中でも、ドックベストセメントと呼ばれるアメリカから来日した治療法が注目されています。これは、歯の根の先にできた病気にも効果があり、抜かなくてはいけないと言われたものでも保存可能になったと症例も数多くあり、将来性のある最新治療法であると期待されているようですが。銀イオンと銅イオンをもって強力な殺菌力とし、虫歯部分を削ることなく無菌化する治療法であるとのこと。先月、フジテレビのバラエティー番組でこの治療法が紹介されたと知人から聞きました。番組での紹介内容はわかりませんが。
この治療法、現時点では、保険適用外となってます。

では、またお便りいたします(^-^*)
さて、ここで私も、それほど画期的な治療法なら一度は試してみようかと興味がわきます。しかし、虫歯部分を取り除くことなく殺菌してセメントで埋める。(虫歯部分を殺してその上からセメントで埋めて密閉する)歯の中に殺菌(殺した)虫歯部分(遺体)が残ったまま。・・・・などと妙な想像をしてしまう。また、治療後の天然歯への影響はないのかと考えてしまう。最新治療法と言えば、よりヴァージョンアップしたホープとして活躍もするが、時がたつにつれて意外なウイークポイントが浮かび上がってきたるすることもある。ドックベストセメントはアメリカで生まれた治療法で、アメリカ歯科医師会(ADA)において太鼓判を押された上で来日した外タレである。

亀さん。ADAといえば、アメリカ最大の歯科関連団体です。とっても、ジューイッシュな香りがするステキな集団です(^-^*)。

追記

20年前に私が救急で運び込まれた病院・・・・・その病院名=聞いたら、アッと驚く亀ゴロー!!と、叫んでしまうかも??知れません!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toneri2672.blog.fc2.com/tb.php/1010-4e840a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)