fc2ブログ
プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
祖父と孫
ここ数年にわたり、ITアナリスト深田萌絵さんの動画を観てきたが、最近の動画は一段と切れ味を増してきたように思うし、新しい企画にも動き出しているようで頼もしい。それは、日本の国益に重きを置いた、素晴らしい企画だと思う。

24011802.jpg
【東京駅前】新しい総合ニュース解説番組を作ろう!

深田さんは1978年2月24日生まれというから45歳、ちょうど小生とは25歳の開きがあり、娘に対するような気持ちで彼女の動画を観ている。尤も、小生の45歳と言えば長年のサラリーマン生活から足を洗い、フリーランス(翻訳)の世界に第一歩を踏み出した時期だが、当時の自分と比較して、深田さんの物の見方・考え方、あるいは行動力の方が遙かに勝っており、日本は得がたい人材を得たと心底思う一方、彼女よりも25年長生きしていることもあって、彼女の荒削りな面も目に付く。それは、岸信介と安倍晋三の人物についての彼女の評価だ。たとえば、昨日アップした「【工作機関?】保守言論誌●●の背乗り隠ぺい工作」と題する動画、終盤あたりで講演会の案内をしていたが、その中で来月2月12日に熊本で開催するという、台湾ロビーについての講演会に注目した。とりわけ、小生が注目したのは以下の発言だ(15:25~)。

これは満州阿片事件まで遡るという、歴史の闇がそこにございます。そうして日本は台湾バナナにかぶりつきとなった・・・。


ここで台湾ロビーについてだが、以下の動画を参照されたい。


日本のディープステート

24011803.jpg
『台湾ロビー』(本澤二郎)

深田さんは『台湾ロビー』を動画で紹介している。小生は同書に目を通したことはないので書評は控えるが、著者名の「本澤二郎」に目が留まり、ある種の不安感を抱いた。本澤氏本人とは直接お会いしたことはないが、同氏の政治的な思想については把握しているつもりだ。何故なら、45歳の時に立ち上げた脱藩道場で顧問として迎えた藤原肇氏と、本澤氏とは思想的に繋がっていることを把握しているからであり、『財界にっぽん』に掲載された二人の対談記事が公開されているからだ。たとえば・・・

藤原肇・本澤二郎 瀕死の日本いかに救うか


この記事で少しだけだが本澤氏の台湾についての言及もあり、同氏の台湾ロビー観の一端が分かると思う。また、以下は小泉進次郎氏についての同氏の発言だが、同氏の安倍晋三観も窺い知ることができよう。

本澤 彼はたしか関東学院大学中退だったらしいですね。親(小泉 元首相)が離婚したりして家庭が複雑だったり、いろいろ事情があったんでしょうが、とにかく勉強が大嫌いで、いってみればまともじゃなかったらしい。だいたい、政治家のセガレでできの悪いのはみなアメリカ留学だ。安倍晋三もその一人ですね。


以下は藤原氏の著書『さらば、暴政』の「政治感覚が狂ったネオコン内閣と岸信介の正体」という小節から引用したものだ。

岸はCIAの資金を実弟の佐藤幹事長に渡して、日本の政治を外国の諜報機関に売り渡していたのである。


藤原氏、そして前沢氏も岸信介を売国奴として貶しているが、逆に小生は二人の政事家は国士だったと信じている。蛇足ながら、CIA資金に絡めた話については、拙稿「CIAを手玉に取った男」でも言及しているので、関心のある読者は再読いただければと思う。

ともあれ、深田さんの真っ直ぐさは高く評価しているものの、小生から見れば岸信介や安倍晋三の人物に対する評価には違和感を抱く。これは多分、前沢氏の著書『台湾ロビー』を基本資料としているからだろうし、やむを得ないことなのかもしれないが、一度自身の岸信介・安倍晋三観を見直して欲しいと思う。また、CIA資金については藤原氏のそれと拙稿で紹介した茂木誠氏のそれとの違いを比較の上、深田さんの見解を再構築してもらえたらと願う。

最後に、深田さんには我々庶民と政事家の棲む世界は、全く異なるのだということを是非理解して欲しいと思ったことだった。

しかし、日本の首相という立場上、やむを得ないところもある。何故なら、歴代の日本の首相はアメリカ、より具体的にはネオコンに脅されながら政治を行ってきたのだし、ネオコンに逆らおうものなら、田中角栄のように首相の座から引きずり下ろされたり、小渕恵三のように不審死を遂げたりするのだ。だから、少なくとも表面上は国益よりも外国の利益を優先するかのように振る舞うのも仕方が無い。元ウクライナ大使の馬渕睦夫氏が自身の動画で語っていたように、政治の世界は我々庶民の世界とは全く異なるのだし、極端に言えば首相の全仕事のうち、49%をグローバリズムという外国の利益のために行ったとしても、残り51%を国益のための仕事をすれば良しとするのが、政事家というものを評価する真っ当な基準だろう。
国士・小川榮太郎


スポンサーサイト



素直な心
24011401.jpg

昨日の早朝は-4℃と、今冬一番の寒さだった。それでも、酒のつまみを買い出しに車で行くつもりでいたら、昨夜は雪が降ったのかフロントガラスが真っ白・・・。結局、雪が溶け出して払いやすくなった、11時頃に漸く出かけることができた次第だ。買い出しに行く途中、近所のスタンドに寄って満タンにしてもらうと同時に、灯油も4缶(1缶あたり18ℓ)買った。このように、車を極力満タンにしたり灯油をまとめ買いするのは、エネルギー高騰が頭にあるからで、備えあれば憂いなしということでR。


【中東情勢】原油価格はほぼ2倍になる! 米英機雷部隊ペルシャ湾へ侵入! ホルムズ海峡&バブエルマンデブ海峡W封鎖

越境3.0の石田和靖氏、エネルギー価格が高騰しそうだと語っている。小生が昨日の買い出しで灯油を購入したのも、最悪の事態、すなわちホルムズ海峡閉鎖を考えてのことなのだが、ここ数年WTI原油先物を毎朝追っている身として、最近は70ドル台で原油価格が安定しているのには釈然としていなかった。そんな折の英米によるイエメン空爆、イエメンのフーシ派にはイランが控えているだけに、近日中に米英とイランの本格的な戦争に発展して、世界的なエネルギー危機勃発の恐れがあると考えるのが普通なのに、何故、未だに原油価格が安定しているのか? そのあたりのヒントになりそうなのが以下の動画である。


【中東】英米がフーシ派を空爆!ホルムズ海峡封鎖のリスクについて解説!

このチャンネルの制作者モハP氏は現役の投資家であり、今回の英米によるイエメン空爆を精確に分析しているのが分かるのだし、小生は同氏を筋金入りのファンダメンタリストであると思っている。並行して、以下の動画もお勧めだ。


【サウジアラビア】原油販売価格を大幅値下げ!OPEC混乱で厳しい状況に直面!

サウジアラビアに肩入れしている越境3.0の石田氏とは異なり、モハP氏の場合は実に冷静かつ客観的に現在のサウジアラビアを把握しているのが分かるだろう。だから、石田氏の動画だけを見ていると、順風満帆に見えるサウジアラビアの将来を楽観視するかもしれないが、モハP氏が「サウジは莫大な親の遺産を使って現状を維持している上、大した技術も無い」と語っているのに注目するべきだ。また、サウジアラビアが中国と組んだことについてだが、中国自体も大した技術力は無い、より正確には中国は他国の技術を盗んでいる、パクリ国であることに思いを致せば、そんな中国に技術面で頼るサウジアラビアの未来は危うい。

ともあれ、なんとかしてイランを戦争に巻き込みたいということで、あの手この手でネオコンがイランを嗾けているものの、イランは大人の対応というか静観の構えを貫いているのが分かる。加えて、そのイランにはロシア、すなわちプーチンが控えていることも忘れるべきではない。

2024年にいたって、夜明けも近いことを個人的にヒシヒシと感じているが、果たしてどのような最後をネオコンが迎えるのか、そしてプーチンがネオコンにどのような止めを刺すのか、小生は期待と不安の入り交じった気持ちで日々のニュースを追っている。

最後に、本稿の表題を「素直な心」とした理由については、以下のコーヒーブレイクで確認いただきたい。

コーヒーブレイク

馬渕睦夫〜2024年最初のひとりがたり〜【保守とは何を守るのか】大和心ひとりがたり28回(2024.1.9収録)
NHKという泥船
年末になると、思い出す童謡がある。


お正月〜おしょうがつ〜童謡

小生が子どもだった昭和30年代、今でも昨日の如く記憶から蘇ってくるのが大晦日の紅白歌合戦だ。家族全員で炬燵を囲み、テレビの紅白歌合戦を見ながら、年を越していた在りし日が今では懐かしい。その紅白歌合戦が終わると、今度は「ゆく年くる年」に画面が切り替わり、全国各地の除夜の鐘を子守歌に床に就いたものである。この昭和30年代とは、どんな時代だったのか? 以下は、昭和30年代の生活や風景を描いた動画だ。


1959年 「昭和の日常」「秋の山」8ミリフィルム映像 / 8mm film / Old japanese life 1959

当時の日本は、昨日より今日、今日より明日と、旭日昇天の勢いという形容が相応しい希望に満ち溢れた時代だった。次の昭和40年代中頃、十代だった小生は日本を飛び出し、3年間にわたり世界放浪の旅を体験、帰国後も大晦日は幾度か家族で紅白歌合戦を見ていた記憶が朧気ながら残っているが、父が天国に旅立った27歳以降、紅白歌合戦は途中少しだけ見る程度で、やがて全く見なくなった。

その後結婚し、紅白歌合戦に全く関心の無い子どもたちが、小学校に行くようになってからというもの、次第に彼らにテレビを独占されるようになった。加えて、平成10年(1998年)に長年のサラリーマン生活から足を洗い、フリーランス(翻訳)になったこともあり、三が日も仕事という年が多かったと記憶している。

さらに月日が流れ、子どもたちが巣立った後も、大晦日に紅白歌合戦を見た記憶は無い。一方で小生は紅白歌合戦こそが、NHKの実態を映す鏡と思っているので、紅白歌合戦を取り上げた動画を幾本か見るのが近年の恒例となっている。たとえば・・・


NHK内部崩壊。史上最低視聴率「紅白歌合戦」の裏側で「やってられない!」と優秀な社員から逃走中。K?POPゴリ推し「YOASOBI」のムダ遣い|みやわきチャン

辛辣なNHK批判の動画であり、同時に今のNHKの実態を浮き彫りにした動画だと云えよう。特に注目したのが、若いNHK職員だけではなく、中間管理層の職員も辞める人が増えているという情報だ。多分、NHKを飛び出してもジャーナリストなどで喰っていける、有能な人たちだったのだろう。また、武田邦彦氏などが糾弾しているように、視聴者を間違った方向に導こうとしているNHKに嫌気がさし、そうした腐った組織に属しているのを恥と思ったのかもしれない。沈みかけてゆく泥船に、いつまでも乗り続けていたくはないということだ。

小生は毎朝テレビの番組表をチェックし、これはと思った番組を予約録画しているが、最近のNHKの番組構成で個人的に気になった点がいくつかある。

1.103chが12月に入ってから放送を止め、この4月1日を以て完全に放送を終了すること。
2.何故かNHKの場合、ここ数ヶ月でドラマの再放送が急激に増えたこと。
3.ニュース報道番組で、AIにアナウンサーの代行をさせることが増えたこと。


NHKと言えば、「黄昏のNHK」と題する記事を2年半ほど前に書いているが、それから僅かしか時間が経っていないというのに、NHKの凋落振りは目を覆うものがある。



【絶対に許さん】NHKが国民に隠してきた衝撃のデータを全て暴露します!【武田邦彦】

24011301.jpg

そして、武田氏が上掲の動画でも語っているように、NHKの最大の罪は「日本文化(日本精神)を破壊している」ことに尽きる。売国反日放送局ということだ。青山繁晴議員も同様なことを述べていた。


【NHKは国営放送ではない!】青山繁晴議員が中国や韓国に偏った放送をするNHKに物申す

最後に、ここ数ヶ月にわたりNHK関連の記事を書こうと思い、NHKを取り上げた動画を幾本かブックマークしていた。本稿執筆にあたり確認してみたところ、バンされた動画もチラホラあった。例えば、「(307) 【浜田聡】絶対に払うな!NHKの新資金源を断て!そしてNHKの電話が繋がらない本当の理由… NHK会長が震えた魂の国会質疑!政治家女子48党 日本語字幕入り! - YouTube」という動画だ。この動画の場合、アップロードしたユーザーが削除したと断り書きがあったが、幸い、小生は同動画をダウンロードしてあったので、久しぶりに先ほど見直してみたのだが、内容的に過激なものではなく、参議院総務委員会で浜田聡議員が一般視聴者を代表して、〝当たり前〟の質問をNHKに対して行っていたに過ぎなかった。

ともあれ、〝皆様の〟NHKが崩壊してくれれば、少しは日本の未来に希望が持てるだろう。

コーヒーブレイク

舟歌①

激動の年明け
元旦に「激動の年」と題した記事をアップしたが、その12時間後に能登半島地震が発生した。海外の翻訳会社が営業を開始するということもあり、仕事始めの準備をしながらネット記事や動画をチェックしていた時(16:10)、近くに置いてあったスマホから地震速報の警告音で何処かで地震が発生したことを即座に理解した。それで身構えていたのだが、揺れを全く感じなかったので大したことは無かったのだろうと、そのまま仕事始めの準備を切り上げ、入浴して床に就いた。しかし、翌朝の3時頃、起床して徐にテレビを点けたところ、能登半島で大変な地震が発生したことを知ったのである。同時に、能登半島に住むvagabundo1431さんの顔を思い浮かべた。そこで至急、掲示板「放知技」にアクセスしてみたところ、無事だったことを知り、安堵すると同時に以下のような投稿を行っている。

24010400.jpg
https://grnba.bbs.fc2.com/reply/17344796/414/

さらに翌日の二日の午後6時前、今度は羽田空港で日航機と海保機が衝突、海保機の乗員6名中5名が死亡という痛ましい事故が起きた。

その後の小生は、年明け早々に矢継ぎ早に舞い込んできた仕事(翻訳)に追われ、漸く一息をついたのが昨夕であった。その間、能登半島の地震関連のニュースが気になり、時々仕事の手を休めてはテレビやネットを確認していたのだが、特に胸を打たれたのが以下のニュースだった。

24010401.jpg
がれきから冷たくなった娘2人、崩れ落ちた家の前で立ち尽くす男性…地震と津波に襲われた輪島

最愛の娘二人を亡くした父親、小生と同年代ということもあり、その心中、察するに余り有る。

一方、羽田空港の衝突事故、深田萌絵さんの動画で日航機の機長一人に全責任を負わせようとしている流れを知り、唖然とした。日本の政治家という連中は、大半が次の選挙で当選することや、金儲けという利権しか頭に無い連中が大半で、日本を亡国の縁に追い詰めようとする輩に何とも言えぬ憤りを感じた。インフラ整備という視点で見れば、本当に責任を負うべきは今の岸田政権、そして過去の自民党・民主党政権のはずだ。

それでも、再び日本人の民度の高さに接した思いで、意を強くしたのも確かである。今回の羽田衝突事故の真相に最も迫っていたのは、深田さんの一連の動画だったと思う。中でも、胸を打たれたのが以下の動画だった。



24010402.jpg
深田萌絵TV

昨夕も再び仕事が舞い込んできたので、今日も仕事に追われそうだ。

コーヒーブレイク

【対談】小名木善行(おなぎぜんこう)先生(むすび大学チャンネル主宰)『2024年は●●の年になる!』

激動の年
皇紀2684年(西暦2024年)の元旦を迎えた。前稿「第二の天岩戸開き 2」で昨年の総括を書いたが、今年は昨年にも増して激動の一年になることは間違いなく、読者の皆様方におかれては無事この一年を乗り越えて欲しいと切に願う。

さて、今日は元旦、一年のスタートということもあり、三本の動画を紹介するに留めておこう。

■日本精神

【衝撃】中国の長江文明を作ったのは日本人だった|小名木善行

小生が時々取り上げている、日本精神についてのヒントが鏤められた動画。

■大転換期

【桜無門関 年末SP】馬渕睦夫×水島総「ディープステートの敗北でパラダイムシフトが明らかになった2023年」[桜R5/12/29]

今年は激動の年になることを教えてくれる動画。補足として、以下の動画も参考になろう。


【伊藤貫の真剣な雑談 年末SP】伊藤貫×水島総「アメリカの偽善主義外交の破綻が露呈した2023年!!!」[桜R5/12/30]

同じくチャンネル桜が提供する動画。今後の国際情勢を占う上で、プーチンの人物を識らないことには始まらない。