プロフィール

亀さん

Author:亀さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

kamesan

人生は冥土までの暇潰し

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人生は冥土までの暇潰し
亀さんは政治や歴史を主テーマにしたブログを開設しているんだけど、面白くないのか読んでくれる地元の親戚や知人はゼロ。そこで、身近な話題を主テーマに、熊さん八っつぁん的なブログを開設してみた…。
近頃の若い者は
数日前、19歳の南谷真鈴さんという女子大生が、北極点到達を成し遂げたというニュースを耳にしたときは、「エッ!」と驚いたものである。それだけではない。あの植村直己にして実現できなかった、南極点到達も昨年(2016年)の1月に成功しているのだ。さらに凄いのは、若干19歳にして7大陸最高峰の登頂に成功していることである。その意味で、昨年掲載された「TABI LABO」のインタビュー記事は、そうしたスーパーウーマンの素顔を上手く引き出せているように見えた。

17042202.jpg
http://tabi-labo.com/271474/marinminamiya

亀さんの周囲を見渡しても、息子の友人で逞しく自分の人生を切り拓いていこうとしている若者が何人かいる。そうした若者の一人、仮にA君としておくが、A君は親に頼ることなくバイトで資金を貯め、近く海外放浪の旅に出るのだという。亀さんも十代の頃に3年間ほど世界放浪の旅を体験しているだけに、「亀さんがエールを送っていた」と、A君に伝えるよう息子に頼んでいる。

このように、一時は森友学園問題で大騒ぎ(バカ騒ぎ)をしていたマスコミやブログと違い、こうした若者の生き様は爽快ですらある。そして、脳裏に浮かんできたのが「近頃の若者は」という常套句だった。この「近頃の若者は」だが、アンサイクロペディアが示す定義が面白い。

時代の変化というものに対し、若年者はすぐさま流れに乗るかのごとく追随するが、齢を重ねて年長者になると自分の人生経験という一定の杓子に固執してしまい、新しいものを受け入れるような柔軟性が失われてしまう事がある。それらの者が、「新しい時代」の先端を行くようなものを若者が行っているのを見た際、良くこの言葉が発せられる。当人も若年の時、年長者から同じ事を言われたのは全く覚えていないようで、それが現代に至るまでこの言葉が受け継がれている土台になっている。

現在ではこの言葉の使用も若年化が進んでおり、幼稚園の年長(5・6歳)も使用している。しかし使用する状況は同じで、年少・年中の新しい考えについていけなくなった園児が使用しているようである。


17042201.jpg


ここで、「植村直己物語」という映画を読者はご存知だろうか。同映画については拙稿「私は、今でも植村が生きていると信じてます」でも少し触れているが、同映画を見て思ったことの一つがスポンサー探しの苦労である。大陸最高峰登頂や南極北極点到達を実現するには、莫大な資金が必要なのだ。このスポンサー探し、植村直己の場合には泥臭さを感じたものだが、南谷真鈴さんの場合はスマートさを感じる。これも、時代の違い、あるいは男女の違いにあるのかもしれない。

14051801.jpg

スポンサーサイト
真の出世
17030605.jpg

昨日、ふと家の庭先に目をやると、早春の野花が咲いているのに気づいた。この時期になると、人生の節目を迎える人たちが多いと思うが、拙宅でも息子が大学を卒業、世の荒波に向けて間もなく出航する。よって、息子を含め、これから社会に巣立とうとする若者に向け、柴錬(柴田錬三郎)の〝円月説法〟を贈ろう。柴錬は〝出世〟について、以下のように語った。

真の出世とはどういうこと?
僕の親父は中学校卒ながら、いまでは小さいながら、社員三十人を使う会社の社長をやっています。苦労をして今日の地位を築いたせいか、二言めには「お前も私のように出世をしなければいかんぞ」といいます。先生、僕はときどき疑問に思うのです。社会的には地位と名誉を得て、財産を残した人を、出世したといいますが、本当の出世とはどういうことなんでしょうか。(東京都世田谷区 K・K 20歳 学生)

柴錬 これはなかなかいい質問ですよ。一般にはね、財産をのこしたり地位や名誉を築くのが出世のように思われているが、これは低級きわまりなき出世だな。

編集部 出世にも低級と高級の別が……。

柴錬 ある。高級な出世というのは、精神的な意味のもので、自分に納得する人生を送ることだ。例え貧しくてもだね、自分がこれでよしと思う人生を送っておれば、これは素晴らしい出世だ。男だったらこういう高級な出世を目指すべきだな。

編集部 天才といわれる人達はどうなんで。

柴錬 天才は生まれながらにして、高級な出世をなしとげているんだ。もう少し具体的にいうと、仮りにだね、画家の場合、天才という評価を得ると彼の絵はめちゃめちゃに売れる。世間にもその名が喧伝される。しかしねえ、彼自身は俗世とは完全に断ち切った生活をしているわけだ。ただ、彼のあずかり知らん世界で、その絵が売れているに過ぎん。これが本当の天才なんでね。
凡夫の出世というのは、小佐野賢治的それよ。これだってあんた、やっぱり出世にはちがいないんだ。だから俗物的出世を目指すか、精神的な高級な出世を目指すか、ふたつにひとつの道を選んだ方がいい。例え俗物的出世でも本人が満足しておれば、これは出世にはちがいないんだからね。


15122702.jpg


息子や若い読者には、柴錬の云う〝高級な出世〟を目指して欲しいと、心から願っている。


学生時代(倍賞千恵子)

【おまけ1】
BS朝日「ザ・インタビュー」
先週の土曜日、カルメン・マキが登場していた。自由奔放な彼女の生き様が亀さんは好きだ。


時には母のない子のように(カルメン・マキ)

【おまけ2】
BS-TBS「日曜特番」
瀬戸内寂聴×沢尻エリカ 麗しの京都巡礼~愛に生きた女たち~」という特集の放送があった。瀬戸内寂聴もカルメン・マキ同様、自由奔放な人生を送ってきた女(ひと)である。また、かつて〝生意気だ〟と、マスコミに叩かれた沢尻エリカだが、今回の放送で彼女を見直した。特に、「人生は一度きり」と言い切ったあたりに、瀬戸内寂聴との出会いを通じて達した、覚悟のほどを見た。

17030602.jpg
17030601.jpg
浄瑠璃寺の吉祥天女像と沢尻エリカ

青年よ、荒野を目指せ05
17030511.jpg
ついに、ベストセラーに躍り出る!

過日、拙稿「滅びゆくニホン」で響堂雪乃氏の新著、『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を紹介したところ、ご本人から丁寧な御礼のメールをいただいた。その中に、「トランスナショナリズム」について言及している箇所があったので、以下に転載しておこう。

なお、トランスナショナリズムの記述についてですが、実をいうとあれは飯山一郎先生の中国事業を顕彰したものなのですよ。

僕のようにあれこれ分析や論評する者は多くいますが、原発事故という破局的事態に際し、そのソリューション(ニホン民族の救済策)を具体的に示し、行動に移されているのは飯山先生ただ御一人だけですので、本当に頭が下がる思いです。


この箇所を読み、数ヶ月前に掲示板「放知技」でも同様のことを、響堂氏が投稿をしていたのを思い出した。確かに言われてみればその通りで、「滅びゆくニホン民族の救済策」の具体策を示し、行動に移した日本人は、今のところ飯山一郎さんだけである。その意味で、昨年の10月に山東省青州市を訪問、滞在日数は僅か4日間だけだったとはいえ、飯山さんと同じ釜の飯を食うことができたことは、今から思えば僥倖であった。

さて、響堂氏の「トランスナショナリズム」に関連して一言。拙稿「民族の劣化」で亀さんは以下のように書いた。

意味するところは、死の水蒸気が過去6年間近く、モクモクとタダ漏れしていた中にあって、各個人がどのような内部被曝対策を講じてきたかによって、生存を懸けたノアの方舟に乗れるかどうかが、すでに決まっているということなのである。


ほぼ同時期に海外を放浪していた、写真家の藤原新也(73歳)氏も、以下のような記事を東洋経済に書いている。
今の日本男子は完全に「父性」を失っている

特に、以下の藤原氏の記述に注目されたい。

今日本人が、日本全体が、父性というものを失っているけど、父性というものを見直してほしい。これは戦争経験が大きい。わずか70数年前に戦争というもろに力の世界で何百万人が殺された。戦争は父性を肥大化させた世界。父性と父性がぶつかり合った戦争は何も生まず、ただ父性に対する拒絶反応、トラウマを生んだ。父性は決して悪いものじゃないのに、日常生活の隅々に父性否定みたいな感覚が浸透してる。父性の強さよりも優しさを求める。


藤原氏の記事を読んだだけでは、どうして父性を強調するのかという疑問が浮かぶと思うが、そのあたりの確認は藤原氏の記事に目を通してもらうとして、好むと好まざるとに関わらず、内部被曝対策をしっかりと講じてきた日本の若者であれば、いずれ海外で活躍する日が来る。だから、世界、殊にアジアを舞台に、一度しかない人生を悔いのないように生きてくれと、心から願うのである。

滅びゆくニホン
17022801.jpg

3月3日に発売予定の響堂雪乃氏の新著、『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』(白馬社)が、一足先に昨日届いた。同書を謹呈して戴いた響堂氏には、心より御礼を申し上げる次第である。

ちなみに、ここ数日にわたって仕事の締め切りに追われていた身だったが、同書が到着したので急ぎ残り数件の仕事を早めに片づけ、先ほど同書に早速目を通してみた。一読して、日本の十代あるいは二十代の若者には是非読んで欲しい本だと思ったし、同書を手にするかどうかで、その人の人生が大きく左右されるだろうと、直感的に思ったほどである。

最初に、響堂氏の書き出しに注目されたい。

これから君たちはニホンという国ができて以来、最も苛酷な時代を生きなくてはならないのだ。
p.5


有史以来の〝最も苛酷な時代〟と言ったのは、何も響堂氏だけではない。あの瀬戸内寂聴も、今の時代は戦中よりも酷いと述べていたことは、拙稿「戦争中より悪い時代 瀬戸内寂聴」に書いた通りである。

一方、響堂氏は戦中どころか、有史以来「最も苛酷な時代」と、表現しているのにはハッとする。何故に〝有史以来〟最も苛酷な時代だと言えるのか? そのあたりは、読者自ら同書にあたって確認していただくとして、ここで伝えておかなければならないのは、響堂氏が同書を著した狙いである。響堂氏は以下のように書いた。

かくして本書は、若い君たちがこのような時代を生き抜くための指標とすべく書き下ろしたものである。
p.6


同書の最大の特徴は、201項目もの高邁な学説を取り上げ、しかも一つ一つの学説を抽出し、概説という形で纏め上げたという点にある。こうした高度な学術用語を駆使しているので、特に若い人たちが通読する上で、かなり骨が折れるのではと思うのだが、未だ若いのだし、持ち時間はタップリとあるのだ。じっくりと腰を据えて、読み進めていくと良いだろう。なお、201の概説は大まかに七つの章で構成されている。

第1章 「政治」が無いことを知ろう
第2章 地球から「国」が消える仕組み
第3章 新聞テレビは知能を破壊する
第4章 学校で人間は機械になる
第5章 これからニホンで起きること
第6章 なぜ大人は何も考えないのか
第7章 これから君たちが考えなくてはならないこと


第1章から6章にかけての章は、ニホンの現実を多角的に述べた章だが、最終章の第7章「これから君たちが考えなくてはならないこと」は、文字通り十代から二十代の若者に向けた響堂氏の指南である故、じっくりと時間をかけて熟読して欲しいと思う。参考までに、同章は20の概説で構成されていたが、個人的に深く共鳴したのが「深い処理」であった。

読書しなけれぱ人間になれない
グーテンベルクの活版印刷によって、支配者の特権であった読書が大衆のものになりました。それまでの大衆は動物と同じように注意散漫で、ひとつのものに意識を集中させるという経験すら持ちませんでした。つまり我々の祖先は活字のもたらす語彙や観念という知的振動によって人間になったのです。しかしスマホやネットはそれを代理できないどころか、真逆に軽薄で無思考な人間を大量生産しているのです。このように読書によってのみ獲得できる分析や、批判や、内省や、洞察などの営為を「深い処理」と言います。

p.214


また、十代の頃に三年間近く世界を放浪した身として、「トランスナショナリズム」(p.229)も大変良かったと思っている。どのようなことが書かれているかは、読者自ら確認していただとして、内容的には拙稿「和僑」を彷彿させるものがあった。

最後に、『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』を読み、佳い一日になりそうだと思っていた矢先、新井信介氏の以下の記事を読み、新井氏のノーテンキぶりには呆れたことだった。新井氏ほどの知識人なら、産経新聞のバックはネオコンであることは分かっているはずなんだが…。かつ、言論人としての矜持を持っているのであれば、あのようなネオコン新聞の取材なんぞ、キッパリと断るべきであった。

17022802.jpg
http://www.k2o.co.jp/blog4/2017/02/1.php

17022803.jpg

寅さんと亀さん(2)
ちようど3年前、「寅さんと亀さん」という記事を書いたことがある。その時、1ページほどの短い亀さんのインタビュー記事が、『翻訳通訳ジャーナル』に載ったことをお知らせしているが、あれから3年が経過しようとしていることもあり、この機会に公開することにしよう。

14021403.jpg

寅さんと言えば、「寅さんと翻訳」と題する拙稿をアップしたのを思い出した(爆)。

17020301.jpg

小百合とタモリ
大和ネクスト銀行がアンケートを行ったところ、50代以上でお手本にしたい有名人として、女性では吉永小百合、男性ではタモリがそれぞれ第一位だったと、今朝の東京新聞が報じていた。

17012905.jpg

その吉永小百合、現在東京新聞に「私の十本」という自伝を毎週日曜日に掲載している。初回は拙稿「愛を乞うひと」に転載したが、その後二回目と三回目も掲載されたので、本稿の最後に転載しておこう。それにしても、前稿に書いたことだが吉永小百合は、「良家のお嬢さんとして育ち、何不自由ない生活を送っていた」とばかり思っていたので、同シリーズの初回の自伝を読み、「米びつが空っぽになったという生活」を体験していることを知るに及び、人間として親しみを感じたものである。

第二回目の記事のインタビューを受けるにあたり、、吉永は自身が主演した「キューポラのある街」を久しぶりに見て、以下のような感想をもらしている。

常にあの映画を超えようと思って、新しい映画に出ているんですが、今回見直して、なかなかこれは超えられないな、と改めて感じました。できれば、若い人たちに見てほしいなあ。日本の歴史の中でこんな時間があって、貧しいけれど希望を持っていこうとした人たちがたくさんいた。それを知ってほしいですね。


なお、大和ネクスト銀行は50代以上の〝有名人〟についてのアンケートとしているが、吉永小百合は単に名の売れた有名人であるだけではなく、人間としても一流だと、シリーズ「私の十本」を読みながら、つくづく思ったことだった。

17012901.jpg
17012902.jpg

17012903.jpg
17012904.jpg


旅立ち
TVドラマ「あんどーなつ」第12話(最終回)のテーマは、最終回に相応しい「旅立ち」である。亀さんは子どもたちに向かって、「何でも見てやろう、何でもやってやろう」という気持ちで、20代という二度と戻ることのない青春を過ごすようにと、常日頃言いきかせている。次の30代ともなれば、結婚して家庭を持ち、仕事の責任も重くなる年代だからだ。だからこそ、若いうちにしか出来ないことを、今、やっておくべきなのだ。第一、人生は一度きりなのだし…。

満月堂に勤める安藤奈津(貫地谷しほり)が通っていた、洋菓子学校時代の同級生・三津屋陽介(細田よしひこ)は、一流のパティシエを目指すべく、洋菓子のメッカであるパリへ修行に行く決心をする。そんなある日、和菓子という別の道を歩み始めた奈津に、川縁で己れの夢を陽介は語るのだった。


和菓子職人の道を目指すと心に決め、尊敬できる親方に四六時中ついて、修行している奈津を見ていた陽介は、今までは地元の洋菓子店で、夢だったパティシエとして修行を積んでいる自分に、そこそこ満足していた。しかし、満月堂の暖簾を懸けた和菓子コンクールに、奈津も出場することを知った陽介の心に変化が起きた。

17012801.jpg

陽介 なっちゃんを見ているとさ、自分で自分の前に、でっかい壁造りたくなったんだ。

17012802.jpg

17012803.jpg

陽介 それ乗り越えて、見たことのない景色、見たくなったんだ。

17012804.jpg

奈津 見たことない景色か…。怖くない?

17012805.jpg

陽介 ワクワクしたいじゃん。

17012806.jpg

奈津 ワクワクか…。

17012807.jpg


TVドラマ「スミカスミレ」を見てからというもの、亀さんは45年という時間を常に意識するようになった。45年前といえば、日本を飛び立った年だ。それだからというわけでもないんだが、何故か今年は人生二度目の旅立ちの年になりそうな予感がする。

無論、入院中の老母や、大学に通いたいという下の息子がいるので、45年前の19歳の時のように自由に動けるというわけではないんだが、それでも老いらくの恋ならぬ老いらくの旅立ちを、実現したいと密かに思う今日この頃である。

あんどーなつ 第12話



翻訳者はヤクシャ(2)
昨日、珍しい読者のコメントが届いた。ママリンさんという掲示板「放知技」の常連さんで、顔文字を多用するユニークなお姐ちゃんだ。翻訳者向けのソフト「トラドス」が話題になったんだが、実は先々週行われた世界戦略情報誌『みち』の会合(まほろば会)でも、そのトラドスが話題になった。このトラドスつうのは、簡単に言えば翻訳作業に使用するソフトなんだが、今日ではトラドスをはじめ、多種多様な翻訳用のソフトが出回っている。亀さんも今まで色々なソフトを体験してきた。たとえばトラドス以外に、Transit、MemoQ、CTWordfast、MemSource、富士通アトラスといったソフトである。しかし、今でも使用しているのはトラドスだけとなった。

17012604.jpg

ところで、亀さんは過去に「翻訳者はヤクシャ」と題する記事を書いている。どのようなことを書いたかというと…。

亀さんの仕事も考えてみると、毎日、時には日に何度も役回りが変わるようなもんだよ。今日やっていた仕事は、若手のファッションデザイナーの翻訳だったんだが、先ほど終わって納品(メールに添付して送信)したよ。普段はフーテンの寅さんのように腹巻き姿の亀さんが、華やかなファッション業界の翻訳をやるんだから、ホント世の中狂っているよ。昨日は何を訳したんだっけな…、あっ、そうか、ある大手IT企業のアンケート調査の翻訳をやったんだっけ…。


しかし、流石に今の女の子たちのファッションには、モーついていけなくなったので、ファッション関連の翻訳はそろそろ引退しようと思っていた矢先、やはり「放知技」の常連の一人である小ボンボンさんが、「Sleepy Plaza」という素晴らしいサイトを紹介してくれた。そして、亀さんは熱心に同サイトで、今時の女の子たちのファッションを勉強したというわけでR。そして、女の子たちのファッションの翻訳をする上で、もはや同サイトは欠かせないバイブルとなった。やはり、持つべきものは道友、小ボンボンさんには感謝の言葉もない。

17012605.jpg

ママリンさんへの投稿にレスを返した後、ここ十年近くお付き合いのなかった翻訳会社から、突然のメールが届いた。何でも、いつもの翻訳者が多忙で仕事を引き受けてくれず、そこで昔付き合いのあった亀さんを思い出したとのことだ。しかし、この翻訳会社は亀さんが苦手とする製品ばかりを扱っている。今回は何かと思ったら、化粧品だと…。取り敢えず草稿をメールで送ってもらい、訳せそうかどうかチェックしてみたんだが、口紅は唇に塗りたくる塗料、白粉は顔にベタベタと叩くように塗る白い粉、といった程度の知識があれば、まぁ大丈夫だろうと引き受けることにした。ただし、急ぎの仕事らしく、今日にもファイルが届いたら、即仕事に取りかからなければならないので、多分、今月一杯はブログ更新が出来ないかもしれない。

17012601.jpg

それから、流石に20年近く翻訳の仕事をしていると、最近は翻訳以外に新人の翻訳者の実力を判定する仕事や、翻訳者の訳文校正の仕事が増えてきた。たとえば、1ヶ月ほど前に海外の翻訳会社に頼まれ、16名の翻訳者にテストを受けてもらい、亀さんが採点をしたんだが、合格点を付けることができたのは、たったの1名だけだった。最初の一段落どころか一行を見ただけで、その人の翻訳者としての実力が分かってしまうのでR。

校正にしても色々な体験を亀さんはしており、たとえば以下のような拙稿を書いた。

バカだねぇ…
校正屋


最後に、拙稿「通訳翻訳ジャーナル 7月号」、もう発売から3年以上過ぎたので、亀さんが受けたインタビュー記事を以下に公開しておこう。

17012602.jpg

17012603.jpg

親子の絆
TVドラマ「あんどーなつ」第10話のテーマは、「親子の絆」である。子は親の背中を見て育つと言うが、親はどのような背中を子どもに見せるべきかについて、いろいろと教えてくれる、心温まるドラマである。小さな子どものいる親御さんに、特にお勧めしたい。

満月堂に勤める安藤奈津(貫地谷しほり)が通っていた、洋菓子学校時代の同級生・三津屋陽介(細田よしひこ)の父が経営する『キッチンミツヤ』で、陽介の兄・龍太(金子昇)は妻子を残し、板前修業に大阪に行くと決意。妻の悦子(田中律子)は分かってくれたが、息子の文哉(渡邉奏人)は父と別れる寂しさに耐えきれず、店を飛び出してしまう。その文也を追いかけた奈津、浅草寺の境内で優しく文哉に諭す…。

「親のいないお姉ちゃんを育ててくれたのは、福井に住んでいるおばあちゃん。お姉ちゃんは今、大好きなおばあちゃんの元を離れ、ここ浅草で独り、和菓子職人の修行をしているのよ」と、文哉に優しく語りかける奈津。

17012502.jpg

奈津 私のおばあちゃんは、いつもココにいる。離れてたって、いつも一緒にいる。

17012503.jpg

17012504.jpg

奈津 離れてたって、私のことをいつでも見ててくれている。だから、寂しくない。

17012505.jpg

そして、父親の龍太も…

17012506.jpg

龍太 文哉、大阪に行っても、父ちゃんはココにいるから。


あんどーなつ 第10話



笑顔になる菓子
TVドラマ「あんどーなつ」第9話のテーマは「仕事の心構え」で、これから社会人になる学生、あるいは社会人になって数年の若者は、第9話から学ぶことが多いはずだ。

和菓子屋の満月堂で働き出してから、3ヶ月が経った奈津(貫地谷しほり)は、女将さん(風吹ジュン)と親方(國村隼)から、和菓子コンテストの出場を勧められる。

17012301.jpg


コンテストに向けて稽古に励む奈津、やっと納得のいく菓子が出来たと思ったが…。


17012302.jpg

17012303.jpg

親方 ダメだ…。

竹蔵 えっ? でも、これはなかなかだと…。

17012304.jpg

親方 お前さん、菓子を拵えながら、ちゃんと食べる人の顔を思い浮かべたのか? コンテストの審査員に褒められているところを想像してたんじゃねえだろうな。菓子作る時はな、只、食べてくれる人の顔を思い浮かべるんだよ。お前さん、何のために店に毎日立ってんだよ。

奈津 はい。

17012305.jpg

親方 いいか、見て、食べて、笑顔になる菓子だ。

奈津 はい。

17012306.jpg


拙稿「プロへの分かれ道」を読み直してみたところ、女優・高峰秀子の以下の言葉が目に飛び込んできた。

好きも嫌いも仕事と割り切って、演る以上はプロに徹しよう。持てない興味もつとめて持とう。人間嫌いを返上して、もっと人間を知ろう。タクワンの臭みを、他人の五倍十倍に感じるようになろう。


あんどーなつ 第9話